• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年1月の記事一覧

河出クラブ、通称「かわくら」は、本を読む人・書く人・作る人をむすぶ広場です。

たがいの生の声が響きあう、会員限定のイベントを随時開催するほか、
新刊・近刊のお知らせ、著者・編集者からのとっておきの情報をメルマガでお届け。

本が生み出される現場へ、そして、本が人と人とのあいだに何かを起こす場所へ、
あなたもあそびに来ませんか?
入会は無料です!

ただいま入会キャンペーン中!
今なら、もれなく、
かわくら特製ブックカバーをプレゼント!!

詳細はこちら

小社刊韓国歴史小説『景福宮の秘密コード――ハングルに秘められた世宗大王の誓
い』
(イ・ジョンミョン著)がテレビドラマ化され(タイトル「根の深い木」)、いよいよBSフジで放映が始まりました!

韓国映画界きっての名優ハン・ソッキョ×チャン・ヒョク、2大スター共演、『善徳女王』を手掛けたヒットメーカーが贈る新感覚ミステリー時代劇です。

..............................................................................
「根の深い木―世宗大王の誓いー」
1月29日(火)22:00~22:55 放送スタート
毎週火曜日放送
全21話(BSフジオリジナル放送版)~6月21日(火)
BSフジHP http://www.bsfuji.tv/top/pub/nenohukaiki.html
..............................................................................

なお、ポニーキャニオンから"ノーカット完全版"DVDが発売中です。
『三島由紀夫、左手に映画』の刊行を記念しまして、トークイベントを開催します。ぜひご参加ください!
----------------------
映画が語る60年代の三島由紀夫

山内由紀人(著者)×松本徹(三島由紀夫文学館館長)

■日時:2013年2月14日(木)19時30分 ~ 

子供の頃から大の映画好きだった三島は、作家デビュー以後、映画の原作者としてはもとより映画評論家としても活躍し、さらには俳優宣言をして映画の主演をつとめるまでになります。そして『憂国』(1966年公開)の映画化では、原作・脚色・製作・監督・主演の5役を果たしています。映画の世界でこれほど多彩な活動をした作家は他に類を見ません。
今回のトークセッションでは、そんな60年代の三島の活動を中心に、『からっ風野郎』や『憂国』、そして死の前年に田中新兵衛役を熱演した『人斬り』など、三島と映画の関わりについて語ります。やくざ映画に対する偏愛、『剣』や『愛の渇き』といった数多くの原作映画をみても、三島の思想や文学において映画の重要性は計り知れません。「楯の会」の結成から死に至るまで、時代を疾走した"スーパースター"三島由紀夫の美学、行動の謎を解く鍵が映画にあります。
映画という視点から三島の新たな一面を知るトークセッションです。

◆講師紹介◆
山内由紀人(やまうち ゆきひと)
文芸評論家。1952年生まれ。1984年「生きられた自我 高橋たか子論」で第27回群像新人文芸賞優秀作受賞。著書に『三島由紀夫の時間』(ワイズ出版)、『神と出会う 高橋たか子論』(書肆山田)、『三島由紀夫VS.司馬遼太郎 戦後精神と近代』(河出書房新社)、編著に『三島由紀夫映画論集成』(ワイズ出版)、『三島由紀夫 ロゴスの美神』(岳陽舎)などがある。

松本徹(まつもと とおる)
山中湖文学の森 三島由紀夫文学館館長。1933年生まれ。新聞社勤務を経て、姫路工大助教授、近畿大、武蔵野大教授を歴任。『徳田秋聲全集』(八木書店)の編集に携わり、現在は「季刊文科」「三島由紀夫研究」の各編集委員を務める。著書に『三島由紀夫の最期』(文藝春秋)、『あめつちを動かす―三島由紀夫論集』(試論社)、『三島由紀夫 エロスの劇』(作品社)、『小栗往還記』(文藝春秋)、『風雅の帝 光厳』(鳥影社)、『三島由紀夫を読み解く』(日本放送出版協会)、編著に『三島由紀夫事典』(勉誠出版)などがある。

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5
初めての単行本『スタッキング可能』が各所で絶賛されている松田青子さんが、「王様のブランチ」(TBS系)に出演される予定です。お見逃しなく!

放送予定日時:2月16日(土)9時半〜

愛の山田うどん ~廻ってくれ、俺の頭上で!!〜』出版記念

『第2回 山田うどん祭 in 山田食品産業・入間セントラルキッチン』

 

北尾トロ・えのきどいちろう著『愛の山田うどん』の刊行直後に行われた『第1回 山田うどん祭』には、100名もの山田ファンが殺到、超満員・大盛況のイベントとなりました。皆さんの熱い声にお答えして、『第2回 山田うどん祭』の開催が緊急決定! 

 

会場は、なんと、山田食品産業の中枢、入間セントラルキッチン。

工場見学あり、うどん試食あり、トークイベントあり、豪華プレゼントあり......集え山田者!

限定50名での開催です。

最寄り駅・入間市駅からチャーターバス運行! 

 

 

【日時】2013年2月11日(祝)10時30分〜13時(終了予定)

【場所】山田食品産業 セントラルキッチン入間工場

    358-0014 埼玉県入間市宮寺宮ノ台4001

 

【参加料】1000円(当日、会場でのお支払いとなります)

 

【タイムスケジュール】

10時半〜 工場見学(三宅康弘工場長の解説付き)

11時半〜 山田うどん試食会(うどんで乾杯!)

12時〜13時 トークショー 北尾トロ×えのきどいちろう

 

*来場者の方に、もれなく「特製山田Tシャツ」をプレゼント!!(サイズは1種類ですので、ご了承下さい)

*当日は、会場で書籍『愛の山田うどん』および山田うどん通販商品がお買い求めいただけます。


※満員御礼につき、受付を終了いたしました。

 

とみこのはんこ』著者とみこはんが、TBS「ゴロウ・デラックス」に出演致します。どうぞご覧下さい。

放送時間:2013131日(木)2420分~2455

番組内容:元浅草キッドのマネージャーとみこはんが「消しゴムはんこ」の魅力を熱弁!!

消しゴムはんこの進化版を牽引しているとみこはんがテレビ初出演。 さらにアノ方がドッキリで登場!!

出演:稲垣吾郎(SMAP 小島慶子  山田親太朗

ゲスト:とみこはん 

課題図書:とみこのはんこ(河出書房新社刊)

http://www.tbs.co.jp/goro-dx/
http://tv.yahoo.co.jp/program/66441119/

誰にでも上手に塗れるコツを、やさしくお教えいたします。皆さまのご参加をお待ちしております。参加者にはミッキーマウスの「大人の塗り絵 おためし帖」とクーピーセットをプレゼントいたします!


【日時】2013年2月2日(土)14:00~15:30
【定員】15名 ※定員になり次第終了
【講師】サクラクレパス認定講師
【所在地】豊田市吉原町平池173番地タキソウ吉原1F
【最寄り駅】名鉄三河線若林駅
【お申込み・お問い合わせ】本の王国豊田吉原店(0565-51-3660)


※画材は会場にご用意いたしますので、手ぶらでお越しください。

『ブータンーー「幸せな国」の不都合な真実』の著者、根本かおるさんが、
NHK-BS1「エル・ムンド」に出演します。どうぞご覧ください。


放送日時:1月27日(日)午前0時~(26日深夜)

NHK-BS1「エル・ムンド」


1/26(土)、27(日) とみこはん著『とみこのはんこ』刊行記念 原画展

とみこはん著『とみこのはんこ』刊行記念と致しまして、ソラトニワ原宿・原宿神宮前ギャラリースペースにて『とみこのはんこ 原画展』を行います。
多くの原画を楽しみながら、消しゴム版画の制作工程などを見ることができたり、実際に消しゴム版画を押すことも。ぜひお越し下さい!

☆日時:1/26(土)12:00-19:00
    1/27(日)12:00-18:00
☆会場:ソラトニワ原宿 東京都渋谷区神宮前3-25-18 THE SHARE 1F
☆入場無料

詳しくは下記をご覧下さい。
http://www.soraniwajapan.com/news/event/tomikohan.php
http://www.tomikohan.com/html/event.html

かわくらイベント第1弾! *終了いたしました*

大澤真幸ゼミ 思考術――読んで考えるということ 社会科学篇

哲学からキリスト教、文学・芸術作品から世間を騒がした事件まで――
幅広い対象へ鋭く斬りこみ、刺激的な著作を世に問い続ける社会学者・大澤真幸。
その創造的な仕事の裏にある読書術・思考術を初公開。

日時:2月26日(火) 19:00~20:30(18:30開場)
会場:茶房ふみくら 河出書房新社1F 
参加費:1,500円(1ドリンク付・当日精算)
定員:15名(抽選)
申込締切:2月17日(日)
(お申込みには「かわくら」への会員登録が必要です。)

『金曜官邸前抗議』が下記の番組で取り上げられます。

ぜひご覧ください。

 

放送日時:1月23日(水)19:00~21:00 @DOMMUNE
「TALKING about DEMO!!!!!#6~デモは政治を変えるのか?「金曜官邸前抗議」から考
える」
出演:東浩紀、津田大介、野間易通(首都圏反原発連合)司会:磯部涼
詳細はこちら
(無料で視聴できます)

 

放送日時:1月28日(月)20:00~21:00(再放送の予定もあり) 著者出演
CS朝日ニューススター「ニュースの深層」キャスター:津田大介
番組詳細はこちら
「"金曜官邸前デモ"は政治を変えたか?」
(ゲスト:野間易通 金曜官邸前デモ主催者)
多彩な人が集まり声を挙げ話題になった反原発金曜官邸前デモ。この声はなぜ総選挙に反映されなかったのか。

ポップ中毒者の手記(約10年分)(河出文庫)刊行記念としまして、川勝正幸さんの命日である1月31日に、堀雅人(放送作家)さん、九龍ジョー(ライター)さん、SHINCO(スチャダラパー)によるトークイベントを開催します。ぜひお越し下さい!

日時:1月31日(木) 20時〜22時(19時30分 開場)
会場:下北沢 本屋B&B
(世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)
参加費:1500円+ワンドリンク

詳しくはこちら
宇宙でいちばん面白い 脳がしびれる科学の時間刊行記念としまして、著者である長沼毅さんと、シンガーソングライター新居昭乃さんによるトークイベントを開催します。ぜひお越し下さい!

日時:1月27日(日) 14時〜16時(13時30分 開場)
会場:下北沢 本屋B&B
(世田谷区北沢2-12-4 第2マツヤビル2F)
参加費:1500円+ワンドリンク

詳しくはこちら

河出文庫2月の新刊、東浩紀著『クォンタム・ファミリーズ』の解説を、筒井康隆氏にご執筆していただくこととなりました。

それにともない、小社は筒井氏と以下のような覚書を交わしましたことをご報告させていただきます。

【覚書全文】(クリックで全文表記)

『消え行く同潤会アパートメント』『お屋敷散歩』の著者、内田青蔵さんのトークイベントが開催されます。
テレビ番組「ブラタモリ」(NHK)等にも出演された人気教授のお話が、無料で楽しめる絶好の機会です。
ぜひお越し下さい。


  • 日 時:2013年1月17日(木) 19:00~(開場18:30)
  • 会 場:八重洲ブックセンター 本店8階 ギャラリー
  • 参加費:無料
  • 募集人員:80名(お申し込み先着順)
  • 申込方法:申込書に必要事項を明記の上、八重洲ブックセンター1階サービスカウンターにお持ち下さい。申込書は同カウンターに用意しております。また、電話でもお申込を承ります(電話 03-3281-8201)。
  • 主 催:八重洲ブックセンター /協力:河出書房新社
イベント詳細はこちら

移民難民研究会主催で、根本かおるさんの講演会が1月26日(土)に開催されます。

 講演のテーマは、「『幸福な国』ブータンからの難民たちに寄り添って」です。

日本ではあまり知られていないブータンの難民問題を、その地政学的な背景とともに人権の面からの考察を含めて講演されます。

また、日本の民間部門からブータン難民に寄せられた様々な支援についても紹介します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

日時: 2013年1月26日(土曜日)16時30分~18時(16時開場)

会場: 東洋英和女学院大学大学院205教室

http://www.toyoeiwa.ac.jp/daigakuin/daigakuin-annai/access.html

(電話03-3583-4031)

アクセス:地下鉄六本木駅から徒歩10分、麻布十番駅から徒歩5分

定員:先着50名

参加方法:メールにて、件名「1月26日、根本かおる氏講演会参加希望」と明記し、お名前、ご所属(あれば)、電話番号をお知らせ下さい。


※既刊も好評発売中!

根本かおる『ブータン――「幸福な国」の不都合な真実』

とみこはん著『とみこのはんこ』出版記念の展示が開催されます。
ぜひお越し下さい!

期間:2013年1月17日(木)〜23日(水)予定
時間:11時〜20時(銀座は作品のみ展示)
(東京都中央区銀座3−6−1 松屋銀座 屋上 ソラトニワ銀座)


期間:2013年1月26日(土)〜27日(日)予定
(東京都渋谷区神宮前3-25-18 THE SHARE 1F)

詳しくはとみこはんさんのホームページをご覧ください。


『異性』の共著者である、穂村弘さんと角田光代さんのトークイベントが開催されます。
ぜひお越し下さい。

日時:2013年1月13日 14時〜
兵庫県川西市栄町25-1 アステ川西6階 阪急宝塚線川西能勢口駅西改札口を出てすぐ
料金:会員3,360円、一般3,570円

申込・イベント詳細はこちら
(主催:朝日カルチャーセンター 朝日JTB・文化交流塾 川西教室)