• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年3月の記事一覧

「読んでいいとも!ガイブンの輪」通称「よんとも」は書評家の豊崎由美さんが「笑っていいとも」の「テレフォンショッキング」方式でゲストをお招きし、素敵な本屋さんを転々として海外文学について語り合う流浪番組、ではなくトークショーです。 とびきりのガイブン"目利キスト"である豊崎さんとゲストが、「これはおもしろい!」「いまが旬!」「読んで損しない!」という一冊をおススメし、魅惑の翻訳小説ワールドへとみなさんをご案内いたします。 今回は、山崎まどかさんからのご紹介で、作家の松田青子さんをお招きします!

開催日時:2014年4月13日(日) 14:00~15:30(開場13:30)

開催場所:青山ブックセンター本店 大教室
定員:80名
入場料:1,080円(税込)

お問い合わせ・ご予約は下記まで
青山ブックセンター本店
電話:03-5485-5511

営業時間10:00~22:00
ご予約はオンライン、または店頭にてお申込み下さい。

《プロフィール》
豊﨑 由美 とよざき ゆみ
ライター、書評家。「GINZA」「本の雑誌」「TVBros.」「文藝」などで書評を多数掲載。主な著書に『勝てる読書』(河出書房新社)、『ニッポンの書評』(光文社新書)、『ガタスタ屋の矜持 場外乱闘篇』(本の雑誌社)などがある。最新刊は『石原慎太郎を読んでみた』(栗原裕一郎氏との共著、原書房)。
公式HP:『書評王の島

松田 青子 まつだ あおこ
小説家。1979年兵庫県生まれ。同志社大学文学部英文学科卒業。著書に『スタッキング可能』『英子の森』(河出書房新社)、童話『なんでそんなことするの?』(ひろせべに=画、福音館書店)、訳書に『はじまりのはじまりのはじまりのおわり』(アヴィ=著/トリシャ・トゥサ=画、福音館書店)がある。近刊に、カレン・ラッセル『狼少女たちの聖ルーシー寮』(翻訳、河出書房新社)など。
「映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネの世界」

CS映画専門チャンネル ムービープラスでは、
4月より、開局25周年記念企画としてエンニオ・モリコーネが手がけた映画音楽の
うち厳選した作品を特別編成にてお届けします。

時代と国境を越えて高い評価を受けている、映画音楽の巨匠エンニオ・モリコーネ。
彼の音楽なくして成功はなかったとも語られる名作映画の数々を楽しんでいただける
内容となっています。

4月:マカロニ・ウェスタン
7月:映画音楽の多様性とその影響
10月:ジュゼッペ・トルナトーレ監督との出会い
詳しくはコチラ

ムービープラスでは放送を記念して、
抽選であたるプレゼントキャンペーンも実施中!

ムービープラスご視聴のお問い合わせはこちらまで。
ムービープラス カスタマーセンター
電話番号:フリーコール 0120-945-844
受付時間:10:00~18:00(年中無休)
3月26日に放送された「ヒルナンデス!」(日テレ系)内の「大人も楽しめる絵本」特集にて、「せかいめいさくアニメえほん」シリーズが第2位に選ばれました。

「せかいめいさくアニメえほん」シリーズに関しては、こちらをご覧ください。
※定員に達しましたため、募集を締め切らせていただきます。
多数のお申し込み、ありがとうございました。

『HOSONO百景』の発売を記念して細野晴臣さんのトークイベントを開催します。


東京、沖縄、ハワイ、LA、ロンドン、パリ、インド、フクシマ――。世界各地で出会った人々や音楽のみならず、宇宙や楽園など訪れたことのない場所についても洒脱に語った、『HOSONO百景』を発売したばかりの大音楽家・細野晴臣。

ライフスタイル・ファッションムック「マッシュ」の編集長としても知られる女優・モデルの菊池亜希子さんを招き、二人がともに訪れたことのある思い出の地、あるいは訪れたことのないあこがれの地について、本書と同じくゆるりと語ります。

 
○日時:平成26年4月13日(日) 19:00~ (18:30開場)
○場所:紀伊國屋書店新宿本店 8階イベントスペース 
○定員:50名

詳細こちら

2015年度 新卒採用の予定はございません。
みんなの山田うどん』の刊行を記念した特別番組が、文化放送で放送されます。著
者の北尾トロさん・えのきどいちろうさんが出演、気が済むまで山田うどんを語り尽
くします!

日程:4月2日(水)18時~19時20分予定
番組:文化放送SET UP!

*好評既刊

北尾トロ/えのきどいちろう『愛の山田うどん

松田青子さんの『スタッキング可能』が、第4回Twitter文学賞国内篇第1位に選ばれました。
松田青子さんは、新刊『英子の森』も好評発売中です。

また、いとうせいこうさんの『想像ラジオ』が6位、
古川日出男さんの『南無ロックンロール二十一部経』が8位、
木皿泉さんの『昨夜のカレー、明日のパン』が第14位に入りました。
国内篇の詳細につきましては、こちらをごらんください。

海外篇には、
ジョイス・キャロル・オーツ著 栩木玲子訳『とうもろこしの乙女、あるいは七つの悪夢』が9位、
ミハル・アイヴァス著 阿部賢一訳『
もうひとつの街』が11位、
ステファノ・ベンニ著 石田聖子訳『海底バール』、
ウラジーミル・ソローキン著 松下隆志訳『親衛隊士の日』、
マイクル・コーニイ著 山岸真訳『パラークシの記憶』(河出文庫)が、
それぞれ
第14位に入りました。
海外篇の詳細につきましては、こちらをごらんください。

ちなみに、
第3回 Twitter文学賞 海外篇 第1位にウラジーミル・ソローキン著 松下隆志訳『青い脂』が、
第2回 Twitter文学賞 国内篇 第1位に津原泰水『11 eleven』が選ばれています。

大森望さん責任編集のSF短篇シリーズ「NOVA」(全10巻)が、第34回SF大賞特別賞を受賞しました。
詳細はこちらをごらんください。


「NOVA」シリーズの詳細はこちら

平素より弊社ホームページをご利用いただきまして、ありがとうございます。

さて、この度の消費税率変更に伴い、3月31日(月)夜からメンテナンスのため、弊社ホームページのショッピングカートが一時的にご利用いただけない状態になります。

停止期間:3月31日(月)22:00 ~ 4月1日(火)11:00頃

※作業の状況により、停止時間が変更になる場合があります。

またホームページの価格表記につきまして、4月1日の午前中は5%のものが表示される可能性があります。

ご不便をおかけしますが、ご理解いただけますよう、何卒よろしくお願い致します。

奥さまは愛国』の刊行を記念して、著者である北原みのりさんと朴順梨さんのトークイベントを開催します。
ぜひお越しください。

日時:4月3日(木)20時〜22時(19時30分開場)
場所:下北沢 B&B
料金:1500円+500円(1ドリンク)

詳細はこちら