• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年7月の記事一覧

萩尾望都 原画展 ~『銀の船と青い海出版記念~
諸星大二郎 原画展 ~『マッドメンの世界出版記念~
                          九州開催

●博多会場●

萩尾望都展・諸星大二郎展 同時開催

◆日程:2015年8月20日(木)~8月29日(土) ※会期中無休

◆開場時間:11:00~19:00(土日 ~18:00)

◆会場:アンスティチュ・フランセ九州 5階ギャラリー
〒810-0041 福岡市中央区大名2-12-6 ビルF  TEL:092-712-0904
 (※地下鉄空港線「赤坂駅」3番出口より徒歩0分。天神駅より徒歩6分)

◆入場料:300円
※入場者全員に「萩尾望都・諸星大二郎 非売品ポストカード(各1枚・計2枚)」のプレゼントあり。


 ※萩尾望都展 詳細ページ

 ※諸星大二郎展 詳細ページ

「世界の絵本作家展Ⅳ ART×絵本」が京都で開催されます。
ハリス・バーディックの謎』などの著作があるC・V・オールズバーグ、「マドレーヌシリーズ」のルドウィッヒ・ベーメルマンスなど絵本のノーベル賞と称えられる「コールデコット賞」受賞者4人の作品原画が展示されます。

また日本からは、酒井駒子さん、長新太さん、やぎたみこさん、高畠純さんなど、人気作家さんの原画が紹介。
特別展示としてモーリス・センダック、黒井健さんの作品を加えた14作家、約200点を展示します。
ぜひお越しください。

期間:2015年8月19日(水)ー9月7日(月)会期中無休
場所:美術館「えき」京都(JR京都駅すぐ、京都伊勢丹7階隣接)
入館料:一般800円、高・大学生600円(400円)、小・中学生400円(200円)
本年度アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞ノミネート!
神の眼を持つ写真家の軌跡を稀代の映像作家、ヴィム・ヴェンダースが解き明かす壮大なドキュメンタリー映画『セバスチャン・サルガド/地球へのラブレター』が8月1日に公開となります。

またサルガドの自伝『わたしの土地から大地へ』が、7月中旬に発売になります。
2013年に大盛況のうちに幕を閉じた、「三崎いしいしんじ祭り」が帰ってきます!!
いしいさんの「ミニその場小説」
鉄割アルバトロスケットのふたり(戌井さんと奥村さん)による「爆笑コント」
湯浅学さんによる「新曲のミニライブ」
さらにさらに、蓄音機の「三崎きんぐくん」によるお盆ライブを開催!!!!
参加希望の方は、下記をご確認の上、専用アドレスにメールをして下さい。
よろしくお願いします。

**************************************

○日 時:8月23日(日)16時00分〜19時00分(開場:15時30分)
○会 場:三崎館本館 大広間
     〒238-0243 神奈川県三浦市三崎5丁目2−9(電話:046-881-2117)
○人 数:80名
○入場料:1000円(三崎ドーナツ&ドリンク付き)*会場にて、ビール・ジュースなどの販売もございます。
○出 演:いしいしんじ、湯浅学(ひとり湯浅湾)、鉄割アルバトロスケット、蓄音機の「三崎きんぐくん」
○参加方法
■参加ご希望の方は下記を記入の上、こちらへご連絡下さいませ。
①件名=「三崎プチプチいしいしんじ祭2015」参加希望
②本文=1>「お名前」
    2>「参加人数」
    3>「連絡先」(メール以外があれば)
③備考=申し込みいただき次第、追って、参加番号をお知らせいたします。
④担当=河出書房新社 文藝編集部 尾形龍太郎/吉住唯(*ご質問はこちらまでお願いします)。

**************************************

【お知らせ】
いしいしんじさんの最新小説『港、モンテビデオ』が8月に発売になります。
こちらもお楽しみに!

7月の新刊電子書籍

河出書房新社では、7月に下記作品を新刊電子書籍として配信開始いたしました。
各電子書籍ストアにてお買い求めください。


ライフ・サイエンス研究班編『元素のことがよくわかる本』

ライフ・エキスパート編『アプローチ きちっと寄る絶対法則』

博学こだわり倶楽部編『ウイスキー その魅力と知識を味わう芳醇本』

篠田桃紅『その日の墨』

高峰秀子『まいまいつぶろ』

高峰秀子『巴里ひとりある記』

澁谷知美『日本の童貞』

『現代語訳 古事記』

『現代語訳 南総里見八犬伝 上』

『現代語訳 南総里見八犬伝 下』

『現代語訳 南総里見八犬伝 合本版』

『現代語訳 徒然草』

『現代語訳 日本書紀』

出演:豊﨑由美さん(書評家)
ゲスト:天野健太郎さん(台湾文学)、飯塚容さん(中国文学)、三浦順子さん(チベット文学)、吉川凪さん(韓国・朝鮮文学)

■開催日時:2015年8月19日(水)18:30開場 19:00開演
■場所:MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店7階喫茶コーナーにて。
■入場料1000円(ワンドリンク含)
■定員:40名
■受付:ご予約が必要です。7Fカウンター、若しくは、お電話にてご予約承ります。

【イベント内容】
「読んでいいとも!ガイブンの輪」通称「よんとも」は、書評家の豊﨑由美さんが「笑っていいとも!」のテレフォンショッキング方式でゲストをお招きし、素敵な本屋さんなどを転々として海外文学について語り合う流浪の番組、ではなくトークショーです。
とびきりのガイブン"目利キスト"である豊﨑さんとゲストの方が、「これはおもしろい!」「いまが旬!」「読んで損しない!」という一冊をおススメし、魅惑の翻訳小説ワールドへとみなさんをご案内します。
今回は特別編としてアジアの文学を紹介している翻訳家の方たちにお集まりいただき、オススメの作家や作品をご紹介いただきます。

【出演者紹介】
豊﨑由美(とよざき・ゆみ) ライター、書評家。「GINZA」「TVBros.」「共同通信」などで書評を多数掲載。主な著書に『勝てる読書』(河出書房新社)『ニッポンの書評』(光文社新書)『ガタスタ屋の矜持 場外乱闘篇』(本の雑誌社)、『石原慎太郎を読んでみた』(栗原裕一郎氏との共著、原書房)、『まるでダメ男じゃん! 「トホホ男子」で読む、百年ちょっとの名作23選』(筑摩書房)などがある。 Twitterアカウント名は @toyozakishatyou

天野健太郎(あまの・けんたろう) 1971年、愛知県生まれ。2000年より国立台湾師範大学国語中心などへ留学。帰国後は中国語翻訳、会議通訳者。聞文堂LLC代表、台湾書籍を日本語で紹介するサイト「もっと台湾(http://www.motto-taiwan.com Twitterアカウント @taiwan_about )」主宰。訳書に、龍應台『台湾海峡一九四九』(白水社)、張妙如・徐玫怡『交換日記』(東洋出版)、呉明益『歩道橋の魔術師』(白水社)など。近刊に龍應台『父を見送る(仮)』(白水社)。

飯塚容(いいづか・ゆとり) 中央大学文学部教授。中国現代文学および演劇の研究と作品翻訳で多くの業績がある。著書に、『中国の「新劇」と日本』(中央大学出版部)、『規範からの離脱――中国同時代作家たちの探索』(共著、山川出版社)など。訳書に、余華『活きる』(角川書店)、『血を売る男』『ほんとうの中国の話をしよう』『死者たちの七日間』(河出書房新社)、高行健『霊山』『ある男の聖書』(集英社)、鉄凝『大浴女』(中央公論新社)、蘇童『碧奴』(角川書店)、『河・岸』(白水社)などがある。

三浦順子(みうら・じゅんこ) チベット関連の翻訳家。その昔、インドのダラムサラのチベット難民世界に四年ほど暮らしていた。訳書に、イザベル・ヒルトン『高僧の生まれ変わり・チベットの少年』 (世界文化社)、『ダライ・ラマ 宗教を語る』(春秋社)、『ダライ・ラマ 宗教を越えて』(サンガ)、トンドゥプジャ『チベット現代文学の曙 ここにも激しく躍動する生きた心臓がある』 (共訳、勉誠出版)、タクブンジャ『ハバ犬を育てる話』 (共訳、東京外国語大学出版会)などがある。

吉川凪(よしかわ・なぎ) 翻訳家。韓国の大学院で韓国近代文学を専攻。著書に『朝鮮最初のモダニスト鄭芝溶(チョン・ジヨン)』(土曜美術出版販売)、『京城のダダ、東京のダダ──高漢容[コ・ハニョン]と仲間たち』(平凡社)、訳書に、カン・ヨンスク『リナ』(現代企画室)、『申庚林[シン・ギョンニム]詩選集 ラクダに乗って』(クオン)、パク・ソンウォン『都市は何によってできているのか』(クオン)、谷川俊太郎・申庚林『酔うために飲むのではないからマッコリはゆっくりと味わう』(クオン)、チョン・セラン『アンダー、サンダー、テンダー』(クオン)などがある。

お問い合わせ先:MARUZEN&ジュンク堂書店 渋谷店 電話:03-5456-2111
女の子の憧れを描いたファッションイラストレーター 森本美由紀 【新刊2冊同時発売記念】 サエキけんぞうさん×ニッキーさんトークイベント 「友人 森本美由紀を語る」

昨年、54歳の若さで急逝したファッションイラストレーター、森本美由紀。現在、東京根津の弥生美術館では、「森本美由紀展--カジュアルからモードまで----スタイル画を描いた30年の軌跡」が絶賛公開中です。が開催されています(〜9月27日まで)。
展覧会に併せて『女の子の憧れを描いたファッションイラストレーター 森本美由紀』(内田静枝編)と『タマちゃん the Onion もうひとりの森本美由紀』(森本美由紀 作品保存会編/ともに河出書房新社)も発売されました。
蔦屋書店では新刊2冊の発売を記念し、8月1日から31日まで「森本美由紀フェア」を展開します。
フェア中に森本美由紀の古くからの友人であるサエキけんぞうさんと、13年にわたって森本のクロッキーモデルを務めたニッキーさんを迎え、トークイベントを開催。 友人から見た森本美由紀の絵とその人柄の魅力や、作品作製制作時のエピソードなどを語っていただきます。

【参加方法】
代官山 蔦屋書店店頭で、
「森本美由紀: 女の子の憧れを描いたファッションイラストレーター (らんぷの本) 」河出書房新社(税抜1800円)・「タマちゃん the Onion: もうひとりの森本美由紀」河出書房新社(税抜1800円)いずれかをご購入の方、もしくは参加チケット¥500(税込)ご購入の方に整理券を配布致します。お電話でも受付可能です。

 店頭受付予約:代官山 蔦屋書店 2号館1階 アートカウンター
 電話予約:03-3770-2525(朝7:00~深夜2:00)

【対象商品】
・「タマちゃん the Onion: もうひとりの森本美由紀」河出書房新社(税抜1800円)
・イベント参加チケット(税込500円)

会期:2015年8月17日(月)
会場:蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース
開館時間:19:30~21:00
主催:代官山 蔦屋書店
協力:森本美由紀作品保存会 弥生美術館 河出書房新社
お問い合わせ:03-3770-2525

【定員】
60名

【ご注意事項】
イベント開場は19:15頃を予定しております。お席はお越しいただいた方から順にご案内致します。

【プロフィール】
■サエキけんぞう
アーティスト、作詞家、1980年ハルメンズでデビュー、86年パール兄弟で再デビュー、 作詞家として、沢田研二、サディスティック・ミカ・バンド、他多数に提供。著書「歯 科医のロック」他多数。2003年フランスで『スシ頭の男』でデビュー、最新刊「ロック の闘い1965-1985」(シンコー)

■NICKEY(NICKEY & THE WARRIORS;Vocal)
1986年、ニッキー&ザ・ウォリアーズで音楽界にデビュー。
以降日本パンク界を代表する錚錚たる男性メンバー達の中で、ボーカルとして現在も活動を続ける。
特にライヴにおけるワイルドで奔放なパフォーマンスは大きな魅力。
2013年にはソロCDをHotwaxtraxからリリース。フレンチPOPテイストの新境地も見せ、 新たにバンド""軽蔑""を始動させシアトリカルなステージも展開中。
90年代終盤からセツ・モード・セミナーなどでモデルをはじめ、その後、イラストレーター森本美由紀の専属モデルも務めた。
オフィシャル・サイトhttp://nickey.jp/
"小商い"の一形態としても注目を集める小出版社。独立を志向した10人の、個性豊かな発想とその道のり、奮闘をリアルに綴った『"ひとり出版社" という働きかた』が出版されました。
少部数ながらも、たくさんの名著を生み出す「ひとり出版社」の可能性について編集者の西山雅子さんに伺います。


出演:西山雅子氏(本書編者)×ナカムラクニオ氏(聞き手)


■開催日時:2015年8月21日(金)19:00開場 19:30開演
■場所:6次元
    東京都杉並区上荻1-10-3-2F
    http://www.6jigen.com/map.html(地図)
■参加費:2000円(ドリンク付)

■申込方法:メールにてお申込みを承ります。
 件名を「ひとり出版という働きかた」とし、お名前、人数を明記の上、
 rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp (担当:ナカムラ様)までご連絡ください。

7/3-9/27 森本美由紀展が開催

ファッション・センスと高いデッサン力を備え、スタイリッシュなイラストレーションを描いた森本美由紀(1959-2013)。80年代から近年まで、雑誌『mc Sister』『Olive』『25ans』『VOGUE』等で活躍し、トップクラスの人気を誇りました。ピチカート・ファイヴとのコラボレーションでも知られ、90年代には"渋谷系"ブームのアイコンになりました。
森本は2013年に54歳の若さで急逝しましたが、筆と墨によるスタイル画を追求し続け、女の子の憧れのファッションを描きました。
本展覧会ではアトリエに残された作品を一挙公開。進化し続けた30年の軌跡をたどります。

会   期 2015年7月3日(金)~9月27日(日)
開館時間 午前10時~午後5時 (入館は4時30分までにお願いします)
休 館 日 月曜日
ただし7/20・9/21(祝・月)開館、7/21(火)休館
料   金 一般900円/大・高生800円/中・小生400円
詳細はこちら

【好評既刊】
内田静枝編森本美由紀』(らんぷの本)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * 
ギャラリー・トーク

ゲスト 穂積和夫(イラストレーター)
8月9日(日)午後3時~ 約1時間
※申込不要。無料(要入館料)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * 

森本美由紀ナイト! 第一夜

ゆかりのゲストが森本美由紀について語ります。
 
出演
サエキけんぞう(作詞家/アーティスト)
沼田元氣(写真家/詩人)
 
日時
8月29日(土) 午後5時30分~ 約1時間
 
事前申込制・有料
→申込み方法等は当HP内「イベント他 ご案内」をご覧下さい。
※都合により出演者が変更になる可能性もあります。
 
* * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 
森本美由紀ナイト! 第二夜

ゆかりのゲストが森本美由紀について語ります。
 
出演
信藤三雄(アートディレクター)
橋本徹(音楽プロデューサー/カフェ・アプレミディ店主)
山本ムーグ(DJ/グラフィックデザイナー)
 
日時
9月5日(土) 午後6時~ 約1時間
 
事前申込制・有料
→申込み方法等は当HP内「イベント他 ご案内」をご覧下さい。
※都合により出演者が変更になる可能性もあります。

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
 
午後3時のゲリラ・トーク

森本美由紀展会期中の午後3時に行うギャラリー・トーク。
日程・内容・ゲストなどの詳細は当HP、Twitter、Facebookにて随時お知らせします。
第40回文藝賞受賞『黒冷水』(河出文庫)でデビューされた羽田圭介さんが、『スクラップ・アンド・ビルド』(「文學界」3月号)で、第153回芥川賞を受賞されました。
河出書房新社では、以下の著作を刊行しております。

羽田圭介『走ル』(河出文庫)
羽田圭介『不思議の国の男子』(河出文庫)
羽田圭介『隠し事

また第153回芥川賞の同時受賞は又吉直樹さんの『火花』(文藝春秋刊)、第153回直木賞は東山彰良さんの『』(講談社刊)に決定しました。
劇場アニメ『屍者の帝国』(原作:伊藤計劃+円城塔『屍者の帝国』【河出文庫】)のメインキャストが発表になりました。
主人公ジョン・H・ワトソンは細谷佳正さん、ワトソンに付き添うパートナー、屍者フライデー役を村瀬歩さん、ヒロイン・ハダリー役を花澤香菜さんがそれぞれ演じます。そのほか、三木眞一郎さん、山下大輝さん、楠大典さん、大塚明夫さん、菅生隆之さんも出演されます。公開日は10月2日です。

また『虐殺器官』(原作:ハヤカワ文庫JA)は、11月13日(金)全国ロードショー、『ハーモニー』(原作:ハヤカワ文庫JA) 12月4日(金)全国ロードショーの予定です。

雨宮処凛の新刊「14歳からの戦争のリアル」出版記念イベント。

本の話ももちろんするけれど、参議院で審議が始まった安保関連法案について、 安保特別委員会に入った山本太郎議員に最新情報をいろいろ聞いてみよう!

そして大注目のSEALDsと「本当に止める」作戦を練ろう! 
元自衛官の泥憲和さんに、自衛隊の本音トークを聞こう!


【出演】
雨宮処凛


【ゲスト】
山本太郎(参議院議員/生活の党と山本太郎となかまたち)
SEALDs(奥田愛基 他)
泥憲和(元陸上自衛官)


【場所】
新宿LOFT PLUSONE

OPEN 18:30 / START 19:30
web予約¥1300 / 当日¥1800(税込・要1オーダー500円以上)
※web予約はコチラ

出演:夏葉社 島田潤一郎 & 小さい書房 安永則子
聞き手:石橋毅史
日時:8月1日(土)15時~16時30分 
場所:信愛書店 en=gawa(東京都杉並区西荻南2-24-15)
金額:1,000円 

定員:先着30名
予約:電話 03-3333-4961(信愛書店 en=gawa)
   メール shinaishoten@gmail.com

*トークの後、懇談会を予定しています。
参加希望の方は『"ひとり出版社"という働き方』ほか会場で販売される本を購入して
からご参加ください。
渡部直己さんの新刊『小説技術論』の刊行を記念したイベントが開催されます。
ぜひお越しください。

* * * * * * * * * * * * 

出演:大澤聡 × 福嶋亮大 × 渡部直己
日時:7/18 [土] 19時 ~ 21時(開場18時)
場所:ゲンロンカフェ (東京都品川区西五反田1-11-9 司ビル6F)
金額:友の会会員限定最前列席 前売券  2,600円
   友の会会員 前売券  2,100円
   友の会会員 当日券  2,600円
   一般 前売券  2,600円
   一般 当日券  3,100円
予約:ご予約はこちら

詳細はこちら

* * * * * * * * * * * * 

出演:渡部直己×芳川泰久
日時:7月28日(火) 19時~(開場18時30分)
場所:東京堂書店 神田神保町店6階 東京堂ホール
金額:参加費800円(要予約・ドリンク付き)
予約:店頭または電話・メールにて、「渡部さん吉川さんトークイベント参加希望」とお申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。 電話 03-3291-5181 イベント当日と前日は、電話にてお問い合わせ下さい。

※当日17:00より1階総合カウンターにて受付を行います。 参加費800円(ドリンク付き)をお支払い頂いた上で、 1Fカフェにて、カフェチケットと指定のドリンクをお引換えください。 イベントチケットは6階入口にて回収致しますので、そのままお持ちください。 尚ドリンクの引換えは当日のみ有効となります。

詳細はこちら