• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

萩尾望都 SF原画展、全国巡回がスタート!

20164月に東京・武蔵野市立吉祥寺美術館にて開催され、大好評を博した「萩尾望都 SF原画展 ~宇宙にあそび、異世界にはばたく~」の全国巡回が決定しました。

 

2017715日~93日  新潟・新潟市マンガ・アニメ情報館

201799日~115日  兵庫・神戸ゆかりの美術館

20171111日~1224日 静岡・佐野美術館

2018317日~520日  福岡・北九州市漫画ミュージアム

 

1975年に発表された『11人いる!』は、従来の少女漫画では例をみない本格的SF作品として、その華麗なる登場が当時の漫画界に衝撃を与えました。以後、『百億の昼と千億の夜』(原作:光瀬龍)、『スター・レッド』、『マージナル』、『バルバラ異界』などの名作を世に送り出し、今も多くのファンを魅了してやみません。

 

本展では、日本の少女漫画史におけるSFの黎明期を担った萩尾望都のカラーイラスト原画、コミック生原稿など、約400点のSF原画が大集合します!

 

全国巡回に合わせて公式サイトもオープンしました。

各会場のスケジュールなど、詳細はこちらをご確認ください。

萩尾望都SF原画展

hagio-SF.jpg