• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『母ではなくて、親になる』『ヨチヨチ父 とまどう日々』W刊行記念「山崎ナオコーラ×ヨシタケシンスケ 子育てを語る」

山崎ナオコーラさん『母ではなくて、親になる』(河出書房新社)と、ヨシタケシンスケさん『ヨチヨチ父 とまどう日々』(赤ちゃんとママ社)の刊行を記念して、2人のトークショーを開催します。

書影並びHP用.jpgのサムネール画像

山崎さんの『母ではなくて、親になる』は、妊活から子どもが1歳になるまでの日々をつづったエッセー。さまざまなレッテルが貼られて追い詰められがちな出産・子育てを、「母」ではなく「親」の目で見つめます。「母親だから、と気負わないで過ごせば、世間で言われている『母親のつらさ』というものを案外味わわずに済む。母親という言葉をゴミ箱に捨てて、鏡を前に、親だー、親だー、と自分のことを見ると喜びでいっぱいになる」という山崎さんの言葉が印象に残ります。

『ヨチヨチ父 とまどう日々』は、2児の父で絵本作家のヨシタケさんが「パパ目線の初めての育児」をテーマに描いたイラストエッセー。めまぐるしく変化する子育ての大変さと楽しさが伝わってきます。「たぶん、親になるということは、『強さ』や『弱さ』でははかることのできない『新しい何か』を手に入れること、なんでしょうね」と、ヨシタケさん。
 そんな2人が親になってそれぞれ感じたこと、毎日の子育てのなかでの発見や驚き、社会とのかかわりなどを自由に語り合います。

イベント:『母ではなくて、親になる』『ヨチヨチ父 とまどう日々』W刊行記念 作家LIVE「山崎ナオコーラ×ヨシタケシンスケ 子育てを語る」

日時:2017年8月2日(水) 開場18時30分/開演19時

出演:山崎ナオコーラさん、ヨシタケシンスケさん

会場:朝日新聞東京本社読者ホール(東京都中央区築地5-3-2)
  ※都営地下鉄大江戸線築地市場駅「A2」出口すぐ。東京メトロ日比谷線東銀座駅、築地駅の各駅から徒歩約10分。

定員:100人(応募多数の場合は抽選。当選者には聴講券を27日までに発送します)

参加費:無料

申し込み方法:朝日イーポスト( https://que.digital.asahi.com/epost )で受付中

締め切り:7月25日
お問い合わせ:朝日新聞社メディアビジネス局「作家ライブ8月」係
    03-5540-7749(平日午前11時~午後6時)。

<出演者プロフィール>

●山崎ナオコーラ
作家。1978年生まれ。2004年『人のセックスを笑うな』で文藝賞を受賞しデビュー。『浮世でランチ』『カツラ美容室別室』『ニキの屈辱』など。 

●ヨシタケシンスケ
絵本作家・イラストレーター。1973年生まれ。『しかもフタがない』(PARCO出版)、『りんごかもしれない』(ブロンズ新社)など。2児の父。

近影お二人.jpg