• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8/30ムナーリ生誕110年記念イベント<夏の、大人休み。>

ムナーリ生誕110年記念イベント

8月30日[水]※予約受付中
<夏の、大人休み。>

絵本は子どものためだけと思っていませんか? 
夏こそ大人を休んで、絵本を楽しんでもらいたい。
夏は、大人だって休みたい!

イタリアが誇るデザイナー・絵本作家ブルーノ・ムナーリ生誕110周年を記念して、
河出書房新社は代表作『闇の夜に』をこの夏に新装復刊いたしました。五感のすべて
を使って「読ませる」本作りをした天才・ムナーリ。『闇の夜に』は子どもだけでな
く、大人にも驚きをたくさん与えてくれる素敵な絵本です。

そこで、フレーベル館でたくさんのムナーリ絵本を編集した西山雅子さんと一緒に
「ムナーリ絵本の楽しみ方・読み方」をお話します。西山さんはイタリアでムナーリ
の工房訪問もされたそうで、貴重なお写真などが見られる絶好の機会です。

絵を読むことって、実は、案外いろんな力が必要です。その力になるヒントや、本作
りを通してのあれこれ、こぼれ話、裏話を交えつつ、ムナーリについて、また「ム
ナーリの子どもたち」である新しい絵本作家たちについて、さらにはこれからの「紙
の本」や絵本の可能性について、みなさまと一緒に考えつつ「大人を休む」ひととき
を分かちあいたいと思います。

出演:田中優子(編集者)×西山雅子(編集者)
日時:8月30日[水]
時間:19:00 ~21:30(開場18:30)
料金:1500円
会場:6次元(http://www.6jigen.com)
予約:件名を『夏の、大人休み』とし名前、人数を明記し、
rokujigen_ogikubo@yahoo.co.jp ナカムラまで。


田中優子(たなかゆうこ)
河出書房新社で主に翻訳書を担当する編集者。
エドワード・ゴーリーの一連のシリーズや、ショーン・タンの作品などを担当。
最近はフランスのBD『かわいい闇』『オリエンタルピアノ』も担当。

西山雅子(にしやままさこ)
フリーランス編集者。フレーベル館在職中にブルーノ・ムナーリ『きりのなかのサー
カス』『1945シリーズ』を担当。絵本の編集・書評執筆・出版プロデュース等で活動
中。編著書に『"ひとり出版社"という働きかた』(河出書房新社)がある。

イベント詳細はこちら
http://rokujigen.blogspot.jp/