• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

9/1 『シモーヌ・ヴェイユ アンソロジー』(河出文庫)刊行記念トークセッション「美と芸術のゆくえ」(東京都新宿区)

9784309464749.jpg

  「美は語らない。美は何も言わない。だが、美には呼びかける声がある」----真理や正義は、往々にして、雪山で行き倒れになった人のように隠れて目に見えない。でも、「自分の主人はここにいる」と、外に向けて犬は必死で吠え続ける。この「呼びかける声」としての美と芸術の可能性を探ってみたいと思います。

 

 矢野静明(画家)×今村純子(本書編訳者/美学者)

 

 

【日時】201891日(土)  19:00~ (18:30開場) 

【場所】 SHY   東京都新宿区早稲田鶴巻町557

【入場料】 1000

 

お申込みは

【電話】080 5538 6407

e-mailk*kunst*watanabe@yahoo.co.jp (*をアンダーバーに変更してください)

詳細ははこちら。



【出演者】

矢野静明 やの・しずあき

画家。個展『二人展』(宮崎県立美術館主催、2018年)、画集『矢野静明作品集成』、著書『絵画以前の問いから―--ファン・ゴッホ』、『日本モダニズムの未帰還状態』。

 

今村純子 いまむら・じゅんこ

本書編訳者/美学者。著書『シモーヌ・ヴェイユの詩学』、訳書『前キリスト教的直観』、ヴェトー『シモーヌ・ヴェイユの哲学』、編著『現代詩手帖特集版 シモーヌ・ヴェイユ』。