• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

6/22『プラータナー 憑依のポートレート』(河出書房新社)刊行記念 ウティット・ヘーマムーン×岡田利規 トークイベント

1000033841_1.jpg

6月27日(木)から東京芸術劇場で上演される『プラータナー 憑依のポートレート』原作の刊行を記念し、来日予定の著者のウティット・ヘーマムーンさんと、同舞台の脚本と演出を手がけた岡田利規さんのトークイベントを行います。


日時:2019年06月22日(土) 19:00開場 19:30開演
料金:ドリンク付きで1000円(当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ)
場所:ジュンク堂書店  池袋本店 4F喫茶内
住所:東京都豊島区南池袋2-15-5
定員 :40人
申込:来店または電話予約にて受付
   ジュンク堂書店池袋本店
   TEL 03-5956-6111


主催:ジュンク堂書店池袋本店
   TEL 03-5956-6111


【講師紹介】
●ウティット・ヘーマムーン
小説家。現実/非現実、歴史/神話、政治/個人の間を飛び回りながら普遍的な問いに向き合う。『ラップレー、ケンコーイ』で東南アジア文学賞、セブン・ブック・アワード受賞。2014年『残り香を秘めた京都』タイ・日・英三ヶ国語版を出版。2018年タイ文科省よりSilpathornAward受賞。

●岡田利規(おかだ としき)
劇作家/小説家/チェルフィッチュ主宰。活動は従来の演劇の概念を覆すとみなされ、国内外で作品発表・創作を行う。『三月の5日間』で第49回岸田國士戯曲賞受賞。小説集『わたしたちに許された特別な時間の終わり』が第2回大江健三郎賞受賞。

●通訳:福冨渉(ふくとみ しょう)
タイ文学研究者、タイ語翻訳・通訳者。鹿児島大学グローバルセンター特任講師。著書に『タイ現代文学覚書』。共著書に『タイを知るための72章』や『アピチャッポン・ウィーラセタクン:光と記憶のアーティスト』など。本書『プラータナー憑依のポートレート』の翻訳を手がけた。