• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント: 2013年2月の記事一覧

TUGBOAT代表の岡康道さんによる初の単著『アイデアの直前』の刊行を記念して、広告をめぐるスペシャル対談を開催します。ぜひお越し下さい!

出演:岡康道(TUGBOAT)、中島信也(CMディレクター)
日時:3月14日(木)20時より(19:30開場)
場所:下北沢 本屋B&B
料金:1500円+500円(1ドリンク)
予約方法はこちらをご覧下さい。

岡田利規 著『遡行 変形していくための演劇論』の刊行を記念して、ケラリーノ・サンドロヴィッチ氏とのトークイベントが開催されます!ぜひふるってご参加ください。


〈日時〉3/14 18:30開場 19:00開演

〈場所〉青山ブックセンター本店

〈参加費〉1,050円(税込)


お申込み・お問い合わせは青山ブックセンター本店まで。

http://www.aoyamabc.jp/event/sokou/

ダンテ『神曲』とボッカッチョ『デカメロン』という、世界文学史上に燦然と輝く
大古典を訳しおろされた平川祐弘氏による講演です。
一方は雄渾な詩的表現の数々で、一方は大らかで生き生きとした散文で、
中世の暗闇に清新なルネサンスの息吹をもたらしたダンテとボッカッチョ。
出自においても、また作品内容においても対照的とされる二人ですが、
今回はこの二人の共通点と差異について、二冊を共に訳した翻訳者ならではの
分析を基に語っていただきます。
とくに、昨年秋に刊行された新訳『デカメロン』は、『神曲』が最高の世界文学と
崇められる一方で、ややもすると卑俗な艶笑文学と軽んじられる傾向にありましたが、
その真の魅力とは何かを、二作品のテキスト抜粋などの配布資料を用いつつ、
存分に語ってくださいます。その訳文と同じように、美しいリズムと豊かな語彙に彩られた
平川氏の名講演、ぜひ奮ってご参加ください。


『神曲』と『デカメロン』 寛容をめぐって

日時:2013年3月12日(火)19:30~

■会場 ジュンク堂書店池袋本店 4階カフェにて

■定員 40名(お電話又はご来店にてお申し込み先着順)

■入場料 1000円 (ドリンク付)

■受付 お電話又はご来店(1Fサービスカウンター)にて先着順に受付。

※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。

※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願いいたします。

お問い合わせ ジュンク堂書店池袋本店 TEL03-5956-6111

作家・古川日出男の言葉とイラストレーター・黒田潔の装画が交じり合った作品

舗装道路の消えた世界』の原画と言葉を散りばめた展示が東京・武蔵小山のHEIMAT CAFÉ(ハイマットカフェ)で開催されます。

完成された絵と崩壊した絵、そして言葉―現出した作品の断片がブックカフェ全体に広がります。

企画は本のセレクトや本にまつわるイベントの開催等で注目のSUNNY BOY BOOKS。

最終日には古川さん、黒田さんを囲んでのクロージングパーティーも。是非お立ち寄りください。

 

【古川日出男×黒田潔『舗装道路の消えた世界』原画と言葉展】

場所_HEIMAT CAFÉ(東京都目黒区目黒本町3丁目5-6)

展示期間_2月25日(月)~3月20日(水)

Weekday : 8:00 ~ 23:00

Friday : 8:00 ~ 24:00

Saturday : 11:00 ~ 24:00

Sunday : 11:00 ~ 23:00

*期間中に作家の書籍販売も致します。

*入場は無料ですがカフェでの展示のためオーダーをお願いします。

◎クロージングパーティ◎

古川日出男、黒田潔による朗読とライブペインティングを予定しています。

言葉と絵が誘い合って生まれた作品がもつ、静かで深い世界観に迫る特別な一夜を体感ください。

場所_HEIMAT CAFE

日時_2013年3月20日(水)20:00~22:00

入場料_3,000円(ビュッフェ+ワンドリンク付)

予約方法_HEIMAT CAFÉ(03-6452-3770)へお電話下さい。


企画:SUNNY BOY BOOKS

*満席となりました

祝!韓流10周年 
女だけで〈韓流〉を語ろうナイト!


北原みのり『さよなら、韓流』(河出書房新社)刊行を記念して、トークイベントを開催!

新大久保のイケメンカフェ(その名も「ザ・シークレット」!)で、私たちが愛してやまない「韓流」についてとことん語り合う、女性限定イベントです。

「さよなら、韓流」という書名の本ですが、「もうバイバイ!」ってことではありません。話せば長いことながら、北原みのりは「韓流は日本女のエロである!」と公言したその日から、日本の男たちにバッシングされてまいりました。そこから、考え、見えてきた、韓流と日本の女と男の姿......ということがこの本には書いてあります。さよならだけど、さよならじゃない。エロであり、私たちの「本流」である韓流をめぐるあれこれを、ゲストと共に語って参ります。

【出演者】

北原みのり
信田さよ子
少年アヤちゃん
韓東賢
西森路代
牧野江里(SILK LABO

●日時:3月14日(木)19:30〜21:30 (OPEN19:00)
会場:新大久保の韓流カフェTHE SECRET (ザ シークレット)
●入場料:1500円(1ドリンク付)
●定員:50
●予約制:メールにて受けつけます。
E-Mailhanryu@kawade.co.jp

件名「韓流イベント申込」をご記入のうえ、お名前・電話番号・参加人数をお知らせください。追って、返信メールで予約完了をお知らせします。

※お席確保のため、キャンセルの場合は3日前までに必ずご連絡ください。

 

お問い合わせ先:

tel:03−3404−8611

河出書房新社 担当:松尾

*お電話での予約は受け付けておりません。

いま世界で最も注目されているチェコ作家、ミハル・アイヴァスの代表作『もうひとつの街』がついに日本上陸!(2月25日発売予定)
そのアイヴァス氏が刊行に合わせて初来日、トークイベント他様々なイベントに出演します。めったにないこの機会、ぜひ足をお運びください。


【刊行記念イベント】
3月5日 書店イベント
河出書房新社『もうひとつの街』『ヴェネツィアの恋人』 刊行記念 
ミハル・アイヴァス × 高野史緒 トークイベント
ファンタスチカの可能性~チェコと日本の文学最前線〜

いま世界で最も注目されているチェコ作家ミハル・アイヴァスと、昨年『カラマーゾフの妹』で江戸川乱歩賞を受賞し数々の話題をさらった高野史緒さんとの夢のトークイベントが実現!
詳細はリンク先ホームページをご覧ください。

 

【時間】 18:30
【場所】 MARUZEN&ジュンク堂書店渋谷店 喫茶コーナー
【会費】 500円 ※要予約
【詳細】
http://www.junkudo.co.jp/tenpo/shop-MJshibuya.html#talk  


【関連イベント】

3月2日 朗読とトーク

中欧文学の夕べ

トカルチュク、アイヴァス、山崎佳代子を迎えて

【時間】 16:0018:00
【場所】 東京大学本郷キャンパス 文学部法文二号館
【会費】 無料 ※予約不要
【詳細】
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~sekaibun/pdf/130302public_reading_front.pdf
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~sekaibun/pdf/130302public_reading_back.pdf


3月3日・4日 世界文学研究シンポジウム

グローバル化時代の世界文学と日本文学 ―新たなカノンを求めて―

※アイヴァス氏の登壇は、1日目午前の基調講演、ならびに

2日目午後のパネルディスカッションになります。

【時間】 10:0018:30
【場所】 東京大学本郷キャンパス 山上会館
【会費】 1日のみ:2,000円 2日間:3,000円 ※要予約
【詳細】
http://www.l.u-tokyo.ac.jp/~sekaibun/Home.html

「読んでいいとも!ガイブンの輪」(通称「よんとも」)は書評家の豊崎由美さんが「笑っていいとも」の「テレフォンショッキング」方式でゲストをお招きし、素敵な本屋さんを転々として海外文学について語り合う流浪番組、ではなくトークショーです。
これまで、野崎歓さん→川上弘美さん→岸本佐知子さん→榎本俊二さん→本谷有希子さん→〔特別編・柴田元幸さん+若島正さん〕→宮沢章夫さん→前田司郎さん→〔特別編・大森望さん+岸本佐知子さん〕→石川直樹さん→鴻巣友季子さん→〔特別編・群像社×水声社×未知谷〕→片岡義男さん→小池昌代さん→青柳いづみこさん→古屋美登里さん→影山徹さん→〔特別編・いしいしんじさん〕→坂川栄治さん→藤田新策さん→滝本誠さん→風間賢二さん→高山宏さん→〔特別編・作品社×水声社×国書刊行会×白水社×早川書房×河出書房新社〕、と海外文学好きのお友達を紹介していただきました。今回は高山宏さんからのご紹介で、安藤礼二さんをお招きいたします!!
海外旅行も洋画も各国料理も好きなのに、海外文学(ガイブン)はなかなか著者名が覚えられないし、登場する人物名も土地名もなじみがないからついつい敬遠してしまうというアナタ! 読んでみたいと思ってはいるけれど、次々出る新刊を前にどれを選んだらいいか途方にくれてしまうというアナタ! あるいは、海外小説についてさらにディープに知りたいというアナタ! とびきりのガイブン"目利キスト"である豊崎さんとゲストが、「これはおもしろい!」「いまが旬!」「読んで損しない!」という一冊をおススメし、魅惑の翻訳小説ワールドへとみなさんをご案内いたします。

開催日時:2月23日(土)17:00〜18:30(16:30開場)
会場:本屋 B&B
(東京都世田谷区北沢2-12-4)

出演:豊崎由美、安藤礼二
入場料:1500円+ワンドリンク

《プロフィール》
豊崎由美(とよざき・ゆみ)
ライター、書評家。「GINZA」「本の雑誌」「TVBros.」「文藝」などで書評を多数連載。主な著書に『勝てる読書』(河出書房新社)、『ニッポンの書評』(光文社新書)『ガタスタ屋の矜持 寄らば斬る!篇』(本の雑誌社)などがある。最新刊は『ガタスタ屋の矜持 場外乱闘篇』(本の雑誌社)。公式HP『書評王の島』

安藤礼二(あんどう・れいじ)
文芸評論家。1967年、東京都生まれ。多摩美術大学美術学部准教授、同芸術人類学研究所所員。主な著書に、『神々の闘争 折口信夫論』、『光の曼陀羅 日本文学論』、『場所と産霊 近代日本思想史』(以上講談社)などがある。最新刊は『祝祭の書物 表現のゼロをめぐって』(文藝春秋)。

岡田利規 著『遡行 変形していくための演劇論』の刊行を記念して、宮沢章夫氏とのトークイベントが開催されます!ぜひご参加ください。


〈日時〉2月14日(土) 18:30開場 19:00開演

〈場所〉リブロ池袋本店

〈参加費〉1,000円(税込)

詳細はこちら