• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント: 2013年8月の記事一覧

作家になりたい人のための河出文藝講座

  新人賞って何? どうしたら作家デビューできるの? 「文藝」と文藝賞の軌跡を通して文学の歴史をふりかえりながら、「作家になる」方法を考える、文芸出版社としてはチャレンジングな試み、第一弾。講師は前々文藝編集長・阿部晴政。主に、現在第一線で活躍する作家たちが登場してきた1980、90年代の経験をもとに話してみます。  

●日時:9月26日(木)19:00~20:30(18:30開場)  
●会場:茶房ふみくら 
河出書房新社1F (東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2)
http://www.kawade.co.jp/corporate/#map   
●参加費:1,500円(1ドリンク付・当日精算)  
●定員:15名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)  
※お申込みには「かわくら」への会員登録が必要です。)

※定員に達しましたため、募集を締め切らせていただきます。
多数のお申し込み、ありがとうございました。
山崎春美さんの初の著者『天國のをりものが』刊行記念イベントが連続で開催になります。
ぜひお越しください。

・「山崎春美の覆水盆に返らず ~祝・単行本初出版!!!『天國のをりものが』~」
ゲスト=野々村文宏(和光大学教員)、ECD(ラッパー)、畠中実(ICC学芸員)、山崎春美
会場=アップリンクファクトリー
日時=8月28日(水)19:00開場/19:30開演
料金=1500円(+1ドリンク別)
http://www.uplink.co.jp/event/2013/15004


・「ロックの王道と邪道 ~ハルミもアケミもみんなでROCK! 今野雄二も中村とうようも内田裕也も阿木譲も~」
ゲスト=湯浅学(音楽評論)、山崎春美
会場=ディスクユニオン池袋店
日時=2013年9月22日(日)21:00開演
料金=無料(ディスクユニオン各店で『天國のをりものが』購入者に整理券を配付)
特典=オシリペンペンズ石井モタコとの動物園遊覧トークCD-R『山崎春美と石井モタコの録りおろしオーディオ・ドキュメンタリー(1) エンドレス・イヤーン~ゾウはもうおうち帰っちゃいました~』をプレゼント
http://blog-ikebukuro.diskunion.net/Entry/4988/


・「HEAVEN今昔物語 ~『ムカシは良かった』なんて言わせない/『今のヒトは幸せ』なわきゃない~」 ゲスト=香山リカ(精神科医)、祖父江慎(デザイナー)、山崎春美
会場=紀伊國屋書店新宿本店8階イベントスペース
日時=2013年9月27日(金)19:00開演
料金=無料(紀伊國屋書店新宿本店3Fカウンターで『天國のをりものが』購入者に整理券を配付)
定員=45名
http://www.kinokuniya.co.jp/contents/pc/store/Shinjuku-Main-Store/20130821124552.html
8月30日公開の映画『オン・ザ・ロード』。 この作品公開が話題になっているなか、 ケルアック、ニール・キャサディを愛した最初の<ビートガール>の評伝、『ガールズ・オン・ザ・ロード』、 ケルアックとメキシコ娼婦との恋を描いた自伝的中篇『トリステッサ』が刊行されます。

「路上の旅、ビート文学は男性のもの」そんなイメージをしてしまいがちですが、この2冊の本では、ケルアックの旅に欠かせなかった「女性」の存在が浮き彫りにされています。

今回のイベントは、自らも旅好きで、20代の頃に『オン・ザ・ロード』を読み強い影響を受けたという角田光代さんと、『オン・ザ・ロード』の新訳者であり、『トリステッサ』の翻訳も手がけた青山南さんに、ビート文学、ケルアックの作品、そしてそれらを彩る女性と、広い意味での女と旅について、自由にお話いただく2時間です。 

出演:青山南、角田光代
開催日時:9月6日20時より
会場:下北沢 本屋B&B (東京都世田谷区北沢2-12-4 2F)
料金:1500円(+500円ワンドリンク)

イベント詳細・ご予約はこちら
弊社刊の関連書籍はこちら
第149回芥川賞候補作『砂漠ダンス』の刊行を記念して、著者である山下澄人さんと保坂和志さんのトークイベントを開催します。ぜひお越しください。


山下澄人『砂漠ダンス』刊行記念
保坂和志×山下澄人
『砂漠ダンス』を読む

日時:2013年9月14日(土)19:30〜
出演:保坂和志、山下澄人
入場料:1000円

◎プロフィール
保坂和志(ほさか・かずし)
1956年山梨県生まれ。1990年『プレーンソング』でデビュー。95年に『この人の閾(いき)』で第113回芥川賞、97年に『季節の記憶』で谷崎潤一郎賞受賞。ほかの著作に『草の上の朝食』『生きる歓び』『カンバセイション・ピース』『小説の自由』『小説の誕生』『魚は海の中で眠れるが鳥は空の中では眠れない』『カフカ式練習帳』『考える練習』などがある。9月刊行の近刊に『未明の闘争』(講談社/9月25日刊行予定)がある。  

山下澄人(やました・すみと)
1966年兵庫県生まれ。富良野塾二期生。96年より劇団FICTIONを主宰。作・演出・出演を兼ねる。2012年『緑のさる』で第34回野間文芸新人賞を受賞。他の著書に『ぎっちょん』などがある。


※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111)   
■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5
※ご予約受付中!