• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント: 2013年11月の記事一覧

テレビドラマ定点観測室 2014 winter」岡室美奈子×成馬零一×宇野常寛
▼日時 1/18(土)open 14:30 / start15:00
▼会場 10°CAFE 三階(10°space) http://judecafe.com/
▼チケット 3,000円(1ドリンク付き) 

▲出演者 岡室美奈子(早大教授/表象・メディア論) 成馬零一(ドラマ評論家) 宇野常寛(評論家/「PLANETS」編集長)  
■テレビドラマファンの皆さま、お待たせしました。
■PLANETSは、本年から3ヶ月に1度、テレビドラマの切り替わり時期にレギュラーのニコ生番組をお届けします!
■名だたるドラマフリークたちが、前クールのドラマと次クールの注目作を語り尽す、その名も「ドラマ定点観測室」!
■流行語大賞を受賞した『あまちゃん』『半沢直樹』などをはじめ、名作の呼び声高い『泣くな、はらちゃん』『最高の離婚』など、昨年はテレビドラマの存在感が大きかった1年でした。
■2014年も、今年はどんなドラマが顔を揃えるのだろう!? と全国のテレビドラマファンの期待も高まっていることと思われます。
■数あるテレビドラマの中からどれを選んだらいいのか? 話題になっているけども、どこを楽しんだらいいのか? そんなドラマをめぐるお悩みを一挙に解決し、より楽しいドラマライフを貴方に約束する90分!

成馬零一著『キャラクタードラマの時代』も好評発売中!

10/10発売の『スピリチュアルアロマテラピー事典』刊行を記念して、監修者・登石麻恭子さんのイベントが開催されます。ぜひご参加ください。

特典として参加される全てのお客様のホロスコープをみて頂けることになっておりますので、まずは2014年度を占ってもらいましょう!


【日時】12/22(日)18:30~
【会場】brisa libreria(ブリッサ・リブレリア)

【参加費】5,000円(本代 1,680円 + お好きなアロマスプレー1つ3,200円+ドリンク付 )

【お申込み】こちらのサイトをご確認ください。brisa libreria(ブリッサ・リブレリア)イベント専用ページ


<著者プロフィール>

登石 麻恭子(といし あきこ)

1969年生まれ。早稲田大学教育学部理学科生物学専修卒。 西洋占星研究家、英国IFA認定アロマセラピスト、日本アロマ環境協会認定アロマテラピーインストラクター。 西洋占星術における天体と植物(特にハーブなどの薬用植物)の関連と、その各種セラピーへの応用を研究。セッションだけでなく、西洋占星術や西洋占星術と植物療法などについて学べる講座を開催している。主な著書に『魔女の手作り化粧品』(ワニブックス)、『魔女のアロマテラピー』(INFASパブリケーションズ)など

木皿泉さんのミニトーク&サイン会が決定しました!

ON THE WAY COMEDY 道草 平田家の人々篇
ON THE WAY COMEDY 道草 愛はミラクル篇(共に河出文庫)
刊行を記念しまして、紀伊國屋書店グランフフロント大阪店さんにて、サイン会を開催いたします。

当日は木皿泉さんのご自宅の本棚が店内に再現されます。
本棚を前に、木皿泉さんにお話をしていただきます。
ぜひお越しください!!

日時:2013年12月28日(土)午後2時〜
場所:紀伊國屋書店 グランフロント大阪店
参加方法:『ON THE WAY COMEDY 道草』を2冊、紀伊國屋書店 グランフロント大阪店さんにてお買い上げの先着50名様に整理券を配布いたします。
※木皿泉さんはご夫婦の脚本家ですが、当日は奥様のみのご来場となります。
※お電話でのご予約も可能です。

詳しくはこちら
「また一人バカが増えた!」と談志に言われた入門から、
蜜月の前座時代、二ツ目時代の確執と葛藤、苦難の真打昇進を経て、
談志の死に至るまでの日々をあますところなく語った
著書『ひとりブタ 談志と生きた二十五年』が2013年12月に刊行!
これを記念して、刊行記念落語会が開催されます。
ぜひお越しください。

日時:2013年12月2日(月)19時(開場:18時30分)
料金:4500円(全席指定・書籍代込)
対談:スペシャルゲストあり!
※本落語会にご来場の方は、一般発売に先がけて、
どこよりも早く本書を入手できます。

チケット取扱い
11月1日(金)よりチケットぴあにて発売開始。
チケットぴあ Tel.0570-02-9999(P432-938)

第11回 「ヨモウカフェ」スペシャル版開催!


ヨモウカフェとは作家の甘糟りり子さんが主宰する読書会です。
読書会と言っても堅苦しいものではなく、読んだ本についてゆるい雑談をする集まりです。各会、テーマに合わせたおいしいお食事やお酒と一緒に。 また、ヨモウカフェでは、課題図書の担当編集者の方にゲストとしてご参加いただくこともございます。読書家の方はもちろん、あまり本は読まないけれども「これはおもしろかった!ぜひ語りたい!」という方も大歓迎。読書は世の中で最も想像力を刺激される娯楽です。その醍醐味を共有しませんか?

第11回ヨモウカフェもスペシャル版で開催いたします。
クリスマスが近いということもあり、テーマは「恋愛小説を語ろう」! ヨモウカフェからみなさまへのプレゼントとして、uka nail oilや、uka Head Therapy Seriesなど抽選で当たる、クリスマスプレゼント抽選会もあります。 課題図書は、ヨモウカフェの主宰である甘糟りり子さんの新刊『逢えない夜を、数えてみても』です。
ぜひみなさまのご参加をお待ちしております。お申し込みはこちらから。


◎開催日時:12月18日(水)19:30スタート。(19:00より受付開始)
◎場所:東京ミッドタウンukafe(ウカフェ)
◎課題図書:『逢えない夜を、数えてみても』甘糟りり子 著
 ※ 読了が参加の条件となっております
※ 先着順となります旨ご了承くださいませ
※ 宣伝や営業活動などを目的としたご参加はお控えくださいませ  
◎料金:クリスマス特別メニュー+ワンドリンクで4,000円

お申込みなどの詳細につきましては、こちらをご覧ください。

11/29発売の『ノベライズ・テレビジョン』刊行を記念して、著者・天久聖一さんのサイン会が開催されます。ぜひご参加ください。


【日時】12/15(日)午後4時~
【会場】パルコブックセンター吉祥寺店(店内特設会場)
【参加方法】同店にて『ノベライズ・テレビジョン』ご購入の方に整理券を配布いたします(電話予約可)

詳細・お問い合わせはこちら

<著者プロフィール>
天久聖一  Amahisa Masakazu
1968年生、香川県出身。神戸拘置所刑務官を経て、1989年漫画家としてデビュー。以後、映像制作、脚本執筆、webコンテンツ制作など、漫画以外の分野で活躍中。代表作にタナカカツキ氏との共著『バカドリルシリーズ』『ブッチュくんオール百科』、単著に『味写入門』『こどもの発想。』など。2013年、初の小説『少し不思議。』を刊行。

1967年に発生した布川事件でウソの犯行を自供させられ無期懲役となった著者が、なぜ自分は嘘の自供をしたか、30年に及ぶ獄中生活で出逢ったあの人達等、自由を失い、かつ汚名まで着せられた30余年の積もる話を今、熱く語る。

出演:杉山卓男
日時:2013年12月18日(水)19時
場所:F1ビル 8F (芳林堂書店  高田馬場店のビル8階)
定員:40名
参加方法:芳林堂書店高田馬場店にて、『冤罪放浪記』をお買い上げ頂くか、参加費1000円をお支払い頂いた方に、整理券をお渡しいたします。またお電話(03-3208-0241)でのご予約も可能です。

※事情により当初予定しておりました鈴木邦男さんは出演されないことになりました。
何卒ご了承くださいますよう、お願い致します。

チラシはこちら(PDF)

「作家になりたい人のための河出文藝講座」第3回
似鳥鶏のエンタメ小説の定番レシピ、教えます!

 昨年、小社で刊行した似鳥さん初の警察小説『戦力外捜査官 姫デカ・海月千波』(単行本・河出文庫)も好評を博し、いよいよ1129日にシリーズ第2弾、『神様の値段 戦力外捜査官2』(単行本)が発売されることになりました!

 第16回鮎川哲也賞佳作の『理由(わけ)あって冬に出る』で2007年にデビュー後、同作に連なる千葉県内の高校を舞台にした青春ミステリ〈にわか高校生探偵団の事件簿〉シリーズ(創元推理文庫)や、動物園の飼育員たちが活躍する〈動物園〉シリーズ(文春文庫)、さらに、喫茶店を営む兄と警部を辞してそこでパティシエとして働く弟が事件を解決していく『パティシエの秘密推理 お召し上がりは容疑者から』(幻冬舎文庫)などで多くのミステリファンを虜にしてきた、今、最も注目されている若手ミステリ作家・似鳥鶏さん。

「作家になりたい人のための河出文藝講座」第3回は、刊行前から書店員さんの間で話題沸騰、大絶賛の本作『神様の値段 戦力外捜査官2』の刊行を記念し、愛嬌ある魅力的なキャラクター、ユーモラスでリズミカルな文章、精緻でフェアなトリックで幅広い層に支持されている似鳥さんが、自らの創作の秘密をたっぷり語って下さいます!

 作家になりたい方も、似鳥さんのファンの方も、どうぞふるってご参加下さい!

日時:20131212日(木)19:0020:3018:30開場)

会場:東京堂ホール(東京堂神田本店6階)

   東京都千代田区神田神保町1-17

参加費:1,500円(当日精算)

定員:50名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)

(お申込みには「かわくら」への会員登録が必要です。会員の方はログインしてお申し込みください。)

千葉雅也さんの初めての著書『動きすぎてはいけない』の刊行を記念して、
大阪でトークイベントを開催します。
ぜひお越しください。

日  程| 2013年12月9日(月)
時  間| 18:30開演 (18:00開場)
会  場| ナレッジキャピタルカンファレンスルーム C05 
グランフロント大阪北館(タワーC)8F 会場へのアクセス(pdfファイル)
参加方法| ※11/18(月)販売開始    チケット制 お一人様 1,000円/定員50名様
イベント詳細はこちら

・紀伊国屋書店グランフロント大阪店3番カウンターにてチケットをお買い求めください。
・お電話でのご予約も承ります。
・イベント会場は店内ではなく、グランフロント大阪内の別施設です。かならず事前に紀伊國屋書店グランフロント大阪店にてチケットをご購入のうえ、会場へお越しください。会場ではチケットを購入できません。
・トーク終了後、『動きすぎてはいけない』をご持参のお客様に、千葉雅也先生のサイン会を予定しております。当日、会場でも書籍を販売いたします。

お問い合わせ| 紀伊國屋書店グランフロント大阪店 06-7730-8451(10:00~21:00)

「10円で買える夢がある。」日本男児の主食にして、30年以上愛され続けるキング・オブ・駄菓子、うまい棒。
誰よりもうまい棒に詳しい、うまい棒同盟監修による『やおきん公認 うまい棒大百科』の刊行を記念して、うまい棒への愛をとことん語り合う宴を開催。

イベント名:「うまい棒」愛を語ろう!!
日時:2013年12月14日(土)12時半〜(開場:11時30分/終演:15時予定)
出演者:うまい棒同盟管理人、辛酸なめ子(コラムニスト・漫画家)、やおきん社員さん他、交渉中!
入場料:前売りチャージ券:¥2000/当日チャージ:¥2500(その他飲食代別)

■イベント詳細はこちら

■チケット取扱い
11月14日よりイープラスにて発売開始。
予約はこちらから 

■参照サイト:
 「読んでいいとも!ガイブンの輪」通称「よんとも」は書評家の豊崎由美さんが「笑っていいとも」の「テレフォンショッキング」方式でゲストをお招きし、素敵な本屋さんを転々として海外文学について語り合う流浪番組、ではなくトークショーです。

とびきりのガイブン"目利キスト"である豊崎さんとゲストが、「これはおもしろい!」「いまが旬!」「読んで損しない!」という一冊をおススメし、魅惑の翻訳小説ワールドへとみなさんをご案内いたします。

今回は年末特別編として、豊崎さん好みのユニークな海外文学を刊行している出版社(河出書房新社、国書刊行会、白水社、早川書房、作品社、群像社)の編集者6人が登場。昨年好評を博した企画「オレたち外文リーガーの自信の1球と来年の隠し球」を今年もまた! 豊崎さんの司会進行のもと、各社今年のイチオシ本と来年のラインナップについて熱く語ります。

開催日時:2013年12月28日(土)15:00-17:00(開場14:30)
開催場所:東京堂・神田神保町店6階東京堂ホール
参加方法:参加費800円(要予約 ドリンク付き)
店頭または電話・メール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にて、「豊﨑由美さんイベント参加希望」とお申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。 イベント当日と前日は、お電話にてお問い合わせ下さい。 電話 03-3291-5181
イベント詳細はこちら

午前32時の能年玲奈』刊行記念 中森明夫×豊崎由美トークイベント
「能年玲奈と石原慎太郎と世界文学」開催

 「あまちゃん」&能年玲奈を愛するお二人が、能年玲奈と石原慎太郎と世界文学を縦横無尽に語り合います。アイドルは文学であり、文学はアイドルなのだ!! 愛ある批評に触れたいみなさま、面白い本を知りたい方々、是非ご参加を。


<プロフィールのご紹介>
中森明夫(なかもり・あきお)
作家・アイドル評論家。1980年代からライター、エディター、コラムニスト等、多方面で活躍。著書に、評論集『アイドルにっぽん』(新潮社)、コラム集『女の読み方』(朝日新書)、小説作品に『東京トンガリキッズ』(角川文庫)、『オシャレ泥棒』(マガジンハウス)、共著に『AKB48白熱論争』(幻冬舎新書)等がある。初の純文学作品『アナーキー・イン・ザ・JP』(新潮文庫)が三島由紀夫賞候補となる。ツイッター=@a_i_jp(*_は半角)

 

豊崎由美(とよざき・ゆみ)
ライター、書評家。「GINZA」「本の雑誌」「TVBros.」「文藝」などで書評を多数掲載。主な著書に『勝てる読書(河出書房新社)、『ニッポンの書評』(光文社新書)、『ガタスタ屋の矜持 場外乱闘篇』(本の雑誌社)などがある。最新刊は『石原慎太郎を読んでみた』(栗原裕一郎氏との共著、原書房)。 公式HP『書評王の島』http://d.hatena.ne.jp/bookreviewking/

 

開催日時:20131128日(木)19時~(開場1830分)
開催場所:東京堂書店神田神保町店6階東京堂ホール
参加方法:参加費800円(要予約 ドリンク付き) 店頭または電話・メール(shoten@tokyodo-web.co.jp)にて、「中森明夫さん豊崎由美さんイベント参加希望」とお申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。イベント当日と前日は、お電話にてお問い合わせ下さい。
電話 03-3291-5181 (東京堂書店神田神保町店)
※当日1700より1階総合カウンターにて受付を行います。
※イベント終了後、中森さんサイン会開催。

イベント詳細はこちら