• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント: 2015年3月の記事一覧

14歳の世渡り術シリーズ『夏目漱石、読んじゃえば?』刊行記念

2016年に没後100年、2017年に生誕150年を迎える夏目漱石。
漱石を愛してやまない作家・奥泉光とこれまでにも奥泉と文学を語り合ってきたいと
うせいこうが
さらに漱石作品について語りつくす、抱腹絶倒トークライブ。

【日時】2015年5月13日(水) 19時~(開場18時30分)
【会場】東京堂書店神田神保町店6階 東京堂ホール
【参加費】800円(要予約・ドリンク付き)
【一般予約受付中】
店頭または電話・メールにて、「奥泉さん&いとうせいこうさんイベント参加希望」とお申し出いただき、名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。電話 03-3291-5181 イベント当日と前日は、電話にてお問い合わせ下さい。
インターネットが定着した現代にあっても、図書館建築について考えることは極めて知的な冒険です。
古代から現代まで、国内外の図書館建築を紹介しながら、その時代精神と知のあり方について、全4回でお話します。
第1回は、書物を読む行為に欠かせない「光」をめぐる図書館建築の物語です。

第1回 「光の構想設計」
[日 時] 2015年5月27日(水)19時~21時
 (受付開始 18時30分~)
[講 師] 桂 英史 (東京藝術大学大学院教授、『世界の図書館』日本語版監修)
[会 場] 日比谷図書文化館
 地下1階 日比谷コンベンションホール(大ホール)

[定 員] 200名(申込順。定員になり次第、受付終了)
[参加費] 各回 1000円
[申込み] 電話(03-3502-3340)、
 Email (college@hibiyal.jp)、
 1階受付 いずれかにて
 ① 講座名
 ② お名前(よみがな)
 ③ お電話番号をご連絡ください。


【 今後の開催予定 】
第2回 「資本主義と図書館」
7月22日(5月25日申込受付開始)

第3回 「知の要塞化というモダニズム」
 9月開催予定

第4回 「図書館と都市」
 11月開催予定
* お申し込みは、各回ごとに承ります。
チラシはこちら
 【満員御礼】
かわくらワークショップ
「ハードカバーの豆本を作ろう!」

豆本づくりのいろは』『そのまま豆本』の著書・赤井都さんを講師にお招きし、
4×2.7cmほどの大きさのハードカバーの豆本を手づくりするワークショップを開催い
たします。
本は、赤井都さんのオリジナル短編「クレナイヨモギと二人の夜」。糸綴じ済の本文
を使って、製本していきます。作った豆本には、製本者としてご自分のお名前と日付
を入れ、お持ち帰りいただけます。
作品のサンプルはこちら
製本、手づくりがはじめての方も大歓迎! お気軽にご参加ください。


講師:赤井都さん(『豆本づくりのいろは』『そのまま豆本』著者)
日時:2015年4月17日(金) 19~21時(18時30分開場)
場所:河出書房新社 1階喫茶店「ふみくら」
   東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2(JR千駄ヶ谷駅より徒歩7分)
会費:2,500円(材料一式、ドリンク1杯つき。当日会場でお支払いただきます)
定員:20名(定員に達し次第、締め切らせていただきます)定員に達しましたので、受付は終了しました。

(お申込みには「かわくら」への会員登録が必要です。会員の方はログインしてお申
し込みください。)

「世界」は「小説」でできている!?

開催日時:2015年04月22日(水)19:30 ~

出演:高橋源一郎(作家)、五所純子(文筆家)

3月=文芸評論(『デビュー作を書くための超「小説」教室』)、4月=小説(『動物記』)、5月=論壇時評(朝日新聞出版より刊行予定)と、様々な「ことば」でいまの「日本」/「世界」を切りとる高橋さんが教えてくれる、<現代>を生きるための「ことば」のレッスン。聞き手=五所純子さん。

■語り手
高橋源一郎(たかはし・げんいちろう)
作家。81年『さようなら、ギャングたち』でデビュー。88年『優雅で感傷的な日本野球』で三島由紀夫賞、2002年『日本文学盛衰史』で伊藤整文学賞、06年『ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ』で宮沢賢治賞、12年『さよならクリストファーロビン』で谷崎潤一郎賞を受賞。著書に『デビュー作を書くための超「小説」教室』『「悪」と戦う』『「あの日」からぼくが考えていた「正しさ」について』『銀河鉄道の彼方に』他多数。

■聞き手
五所純子(ごしょ・じゅんこ)
文筆家。エッセイと創作と批評の間をぬうような言語で雑誌・書籍に寄稿多数。著書『スカトロジー・フルーツ』(天然文庫)、共著『ゼロ年代の音楽 ビッチフォーク編』(河出書房新社)など。日めくりブログ「ツンベルギアの揮発する夜http://d.hatena.ne.jp/goshojunko/


★入場料はドリンク付きで1000円です。当日、会場の4F喫茶受付でお支払いくださいませ。
※トークは特には整理券、ご予約のお控え等をお渡ししておりません。
※ご予約をキャンセルされる場合、ご連絡をお願い致します。(電話:03-5956-6111) 

■イベントに関するお問い合わせ、ご予約は下記へお願いいたします。
ジュンク堂書店池袋本店
TEL 03-5956-6111
東京都豊島区南池袋2-15-5
豊﨑由美アワー 第38回読んでいいとも!ガイブンの輪
ゲスト:星野智幸さん

「読んでいいとも!ガイブンの輪」通称「よんとも」は、書評家の豊﨑由美さんが「笑っていいとも!」のテレフォンショッキング方式でゲストをお招きし、素敵な本屋さんなどを転々として海外文学について語り合う流浪番組、ではなくトークショーです。
とびきりのガイブン"目利キスト"である豊﨑さんとゲストの方が、「これはおもしろい!」「いまが旬!」「読んで損しない!」という一冊をおススメし、魅惑の翻訳小説ワールドへとみなさんをご案内します。
今回のゲストは、作家の星野智幸さんです!

[日時]2015年4月25日(土)
    15:00→17:00(14:30開場)

[参加費]1,500円(当日精算)


[予約制]メールまたは電話(Tel.03-6821-5703)にて受付。

 ●メール受付:件名「4/25よんともトーク希望」にてお名前・電話番号・参加人数をお知らせ下さい。おって返信メールで予約完了をお知らせいたします。

 ●電話受付:03-6821-5703(火→金11:30→20:00/土11:30→20:00)

 ※定員60名様



星野智幸(ほしの・ともゆき)
1965年、アメリカ・ロサンゼルス生まれ。1988年早稲田大学卒業。新聞社勤務の後、メキシコに留学。主な著書に『最後の吐息』(文藝賞)、『目覚めよと人魚は歌う』(三島賞)、『ファンタジスタ』(野間文芸新人賞)、『無間道』、『俺俺』(大江健三郎賞)、『夜は終わらない』(読売文学賞)などがある。最新刊は、エッセイ『未来の記憶は蘭のなかで作られる』。

豊﨑由美(とよざき・ゆみ)
ライター、書評家。「GINZA」「TVBros.」などで書評を多数掲載。主な著書に『勝てる読書』、『ニッポンの書評』、『ガタスタ屋の矜持』、『まるでダメ男じゃん!』、また共著に『文学賞メッタ斬り!』シリーズ、『石原慎太郎を読んでみた』などがある。Twitterアカウント名は @toyozakishatyou
第153回 紀伊國屋サザンセミナー
『33年後のなんとなく、クリスタル』出版記念
『憂国呆談』25周年記念公開対談
田中康夫×浅田彰
「もとクリ」「いまクリ」から日本の現在、そして未来まで!

33年後のなんとなく、クリスタル』の出版を記念して、雑誌『ソトコト』で好評連
載中の田中康夫氏と浅田彰氏による「憂国呆談」の公開対談がついに開催!
各誌を移籍する伝説の企画「憂国呆談」も、はや25周年。
田中氏と浅田氏が鋭いトークで、「もとクリ」「いまクリ」から日本の現在、
そして未来までをサザンシアターで語ります!

【日時】2015年4月25日(土) 19:00開演(18:30開場)
【会場】紀伊國屋サザンシアター(紀伊國屋書店新宿南店7F)
【チケット】1,000円(全席指定/税込)
【共催】月刊『ソトコト』・河出書房新社・紀伊國屋書店
【一般チケット発売】3/25発売開始
【電話予約・問合せ】紀伊國屋サザンシアター(10:00~18:30)TEL.03-5361-3321
イベント詳細はこちら

トーク&デモンストレーションイベント
「平井かずみの花いけ教室」
 
フラワースタイリスト平井かずみさんによる初めてのフラワーアレンジメント本の刊行を記念して、デモンストレーション形式の花いけ教室を開催します。太陽に向かって咲き、風に揺れているような花本来の姿を大切にした平井さん流の花いけを、基本から丁寧にレッスン。おうちに帰ってすぐに日常にとりいれたくなるヒントがたくさん詰まっています。お土産のブーケ付き。
 
トーク終了後、サイン会を開催します。
対象書籍:『フラワー スタイリング ブック』
 
日時:2015年4月5日 (日)時間14:00~15:30+サイン会(開場13:30)
料金:2,700円(税込)お土産のブーケ付き
定員:50名
会場:青山ブックセンター本店 小教室
*料金に書籍代は含まれておりませんのでご了承ください。

お申込みはこちら
 
平井かずみ(ひらい・かずみ)
 
フラワースタイリスト。ikanika主宰。挿花家・谷匡子氏に師事。東京、自由ヶ丘「café イカニカ」での花の会をはじめ、全国各地で花の教室やワークショップを開催。雑誌、テレビ、ラジオなどでも幅広く活躍し、暮らしのなかに季節の花をしつらえる"日常花"を提案している。著書に『季節を愉しむリースづくり』(河出書房新社)、『花のしつらい、暮らしの景色』(地球丸)などがある。
 
公式サイト http://ikanika.com/
劒持奈央著『幸せなセックスの見つけ方』の刊行を記念してイベントを開催します。
ぜひお越しください。

日時 2015年4月18日(土)18:00〜
場所 brisa libreria (東京都港区南青山5-10-17)
定員 60名
金額 5,000円
(本代 1,404円 +ワンドリンク付き )
※予約受付終了


講師 劒持奈央さん(けんもつ なお)
司会進行 劒持秀樹さん(けんもつ ひでき)

イベント詳細はこちら

2016年度「新卒者」募集

募集職種:
編集職・営業職 他、正社員若干名
応募資格:
1991年4月2日以降生まれで、4年制大学卒業見込・大学院修了予定の方
勤務地:
東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
勤務時間:
9:30~17:30
給与:
当社規定による
昇給・賞与:
昇給 年1回、賞与 年2回
諸手当:
住宅手当、家族手当、交通費全額支給、昼食費補助制度あり
休日休暇:
土曜・日曜・祝日、5月1日、夏期休暇、年末年始休暇、慶弔休暇、年次有給休暇 他
福利厚生:
健康保険・厚生年金保険・厚生年金基金・雇用保険・労災保険、保養所あり
応募方法:
下記「マイナビ」よりエントリーを行い、「応募用履歴書」「作文用紙」「バーコード」を印刷。
必要事項を自筆記入、写真貼付のうえ、下記応募先へ郵送。
応募先:
〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-32-2
(株)河出書房新社「2016年度新卒採用係」宛
*必ず郵送すること。当社への直接持参は受付できません。
応募締切:
2015年5月15日(金)
*当日消印有効
選考:
書類選考のうえ、2015年6月5日頃結果を通知。
通過者は6月15日(月)に筆記試験を予定。
採用の流れ:
書類選考

筆記試験

面接(複数回)

内定
エントリーはこちら
マイナビ2016
*応募書類は、エントリー後に当社より送信するもの以外は選考対象としませんのでご注意ください。
*応募書類は返却できませんのでご了承ください。