• Clip to Evernote
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イベント: 2018年1月の記事一覧

定員につき、応募を締め切りました。お申込みありがとうございました。


9784309026374.jpg 

54回文藝賞受賞作『おらおらでひとりいぐも』の刊行を記念し、著者の若竹千佐子さんによるトークイベントを開催いたします。


 若竹さんは岩手県遠野市で生まれ育ち、子どもの頃から小説家になりたいと思っていたそうです。大学卒業後、岩手県内で教員採用試験を受け続けるも、毎年ことごとく失敗。そうしたなかで夫と出会い結婚ののち、三十歳で上京、

都心近郊の住宅地で二児に恵まれ子どもを育てあげましたが、五十五歳の時、突然夫が脳梗塞で亡くなります。悲しみのさなか、息子から勧められたことをきっかけに小説講座へ通いはじめ、八年の時を経て本作を執筆、文藝賞を受賞し、さらには第158回芥川賞候補作に選出されました。

 そんな本作について、また、「東北」という土地についての思いを語っていただきます。

 みなさま、奮ってご参加くださいませ。


*当日サイン会は行いません。あらかじめご了承ください。


日時:2018130日(火) 17:30開場 18:00開演

会場:東北学院サテライトステーション 会議室

 仙台市青葉区一番町2-2-13 仙建ビル1

 http://www.tohoku-gakuin.ac.jp/facilities/satellite.html

 《司会進行:土方正志(荒蝦夷)・川元茂(プレスアート)》


定員:30

参加費:無料

申込方法:河出書房新社

下記URLからお申し込みください

https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=ngs-lbnaqa-fd342249b5bd5a31b0878d1c51b74ec7

先着順・定員に達し次第締切とさせていただきます。


主催/河出書房新社

協力/東北学院大学、荒蝦夷、プレスアート


d12754-134-854355-1.jpg
愛娘が幼稚園から大学生になるまでの子育てエッセイを書籍『濱田マリの親子バトル!』にまとめた女優・濱田マリさんが、
"子育てのかわいさと小憎らしさ(笑)"について、小説家・山崎ナオコーラさんとお話しします。
子育て奮闘中の新人ママも、すでに子育てを終えた先輩ママも、ぜひご参加ください。

参加特典:当日ご参加いただいた方全員に、オリジナルポストカードをプレゼント致します!

開催日  2018/1/15(月) 時間 11:00 ~(10:30 開場)
場所    たまプラーザテラス ゲートプラザ 2F プラーザホール by イッツコム
      神奈川県横浜市青葉区美しが丘1丁目1−2
定員    先着100名様
参加方法 1月5日(金)10:00より有隣堂サービスコーナーにて参加券をお渡しします。
★店頭以外の、お電話・FAX・メールでのご予約受付はいたしません。

*定員に達し次第終了 
*参加券はお一人様1枚まで 
*参加券1枚につき、1席限り
*未就学のお子さまは、お連れさまの膝の上に抱えていただければ、参加券は不要となります。
 ただし、座席のご利用はできません。お席をご希望の場合、1名様とカウントの上、参加券をお持ちください。
*座席は当日の先着順となります。参加券記載の番号順ではありません。
*当日の質疑応答は、濱田マリさんご都合により山崎ナオコーラさんお一人でのご対応となります。ご了承くださいませ。

お問い合わせ 有隣堂たまプラーザ テラス店 TEL.045-903-2191 営業時間10:00~22:00


〈濱田マリさんプロフィール〉
女優。情報番組「あしたまにあ~な」をきっかけにテレビ番組で活動の場を広げる。
『猫の恩返し』(声の出演)や『血と骨』、『アンフェア the movie』、『愚行録』『いぬやしき』といった映画、『カーネーション』『マッサン』をはじめとするテレビドラマなど出演作品多数。『濱田マリの親子バトル!』(河出書房新社)が初の著書となる。

〈山崎ナオコーラさんプロフィール〉
小説家。「人のセックスを笑うな」で第41回文藝賞受賞。
著書に、今までにない子育てエッセイと話題の『母ではなくて、親になる』(河出書房新社)などがある。


d12754-134-540993-0.jpg9784309025803.jpgのサムネール画像

イベント: 月別アーカイブ