ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

タニンノハジマリインガノオワリ

他人の始まり 因果の終わり

ECD

受賞
朝日

単行本 46 ● 200ページ
ISBN:978-4-309-02607-7 ● Cコード:0095
発売日:2017.09.12

定価1,836円(本体1,700円)

○在庫あり

  • 家族は「他人の始まり」なのか。ECDが家出した母、自殺した弟など自分の家族をみつめ、病にかかった自らをみつめながら家族、そして生のありかを問い返す渾身の書き下ろし。

著者

ECD (イーシーディー)

1960年生まれ。ラッパー、作家。著書『失点イン・ザ・パーク』 『いるべき場所』『暮らしの手帖」他。ミュージシャンとしてのアルバムは多数。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

待望のECD最新刊は、自らの出自と現在進行形の日々の営みを綴った家族をテーマとしたエッセイ。植本一子が妻として、母親として『家族最後の日』で書きあげたある家族の日々について、ほぼ同時間帯に、夫であり父親である著者が過ごし感じ向き合ってきたものを客観性を持って綴っている。二冊合わせて読むことで、この国で生まれつつある新たな家族のカタチ、その在り方に触れることができる。この家族がこれからも対峙していくそのフレッシュな営みをずっと読み続けていきたい。ECD IN THE PLACE TO BE. (バボイヨシヤ さん/44歳 男性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳