ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

シリーズ: 
  1. 14歳の世渡り術

全集・シリーズ

イツカスベテガキミノチカラニナル

いつかすべてが君の力になる

梶 裕貴

単行本 46 ● 188ページ
ISBN:978-4-309-61713-8 ● Cコード:0376
発売日:2018.05.10

定価1,404円(本体1,300円)

△2週間~

  • 『進撃の巨人』エレン・イェーガー役など数々の話題作で主役を務める実力派声優が、下積み時代の苦悩から「声優」という仕事への思いまでを語った、夢に向かう全ての人にエールを送る1冊!

著者

梶 裕貴 (カジ ユウキ)

『進撃の巨人』エレン・イェーガー役、『七つの大罪』メリオダス役など多数の話題作で主人公を務める。09年「第3回声優アワード」新人男優賞を、13年、14年の2年連続で「声優アワード」主演男優賞を受賞。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

今、私が悩んでいることが書いてあって、これを読んでとても励ましてもらえたような気がしました!心にずっと残っていて、背中を押してくれてるような気がして、とにかく、とってもこれから生きていく励みになりました! (Satsuki さん/14歳 女性)

「いつかすべてが君の力になる」読ませていただきました。
声優という職業に限らず、社会人としてとても参考になる素晴らしい内容でした。
三間音響監督のお話しも含め、就活真っ只中の娘にも絶対役立つと思い、早速読ませました。

本当にありがとうございました! (くきこ さん/55歳 女性)

「いつかすべてが君の力になる」というタイトルが発表された日から既に心を揺さぶられていました。

まるで完璧に見える梶さんにも自分と似たような部分があったこと、そして声優になるためにどれだけ苦難を乗り越え、今に至ったのかなど梶さん自身のことが赤裸々に綴られていてまた一つ梶さんのことを知れたような気がします。

私は今、自分がやりたかった仕事とは別の仕事の方が多くなり、それを辛く感じていました。
けれどこの本を読み、様々な経験をしておくことが自分の力となり、未来に繋がるのだと教わりました。
また逃げてはいけない、頑張らなきゃと自分を追い込みがちな自分には、「本当に辛いことからは、目を背けて全力で逃げる」という言葉は心に強く響きました。
この本のおかげで、梶さんのおかげでとても救われた気分です。
心が折れそうなとき、またこの本を読んで頑張ろうと思います。
(槻乃 さん/ 女性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳