ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

シリーズ: 
  1. 立松和平のふるさと紀行

単行本

ハナ

立松 和平

受賞
日本図書館協会選定図書

単行本 B5変形 ● 112ページ
ISBN:978-4-309-01545-3 ● Cコード:0095
発売日:2003.04.30

定価2,700円(本体2,500円)

×品切・重版未定

  • 立松和平のふるさと紀行第5弾。日本の四季折々、野に咲きみだれる花、山の中腹の崖っ淵にあぶなっかしく咲く花、小川のほとりにひっそりと咲く花などを、エッセイと写真で奏でる。

著者

立松 和平 (タテマツ ワヘイ)

1947年、栃木県生まれ。早稲田大学政経学部卒業。78年、小説『途方にくれて』を刊行。80年『遠雷』で野間文芸新人賞受賞。85年全作品を対象に若い作家のためのロータス賞を受賞。『卵洗い』で第8回坪田譲治文学賞受賞。『毒――風聞・田中正造』で第51回毎日出版文化賞受賞。他に『春雷』『性的黙示録』『地霊』など著書多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳