ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

ナカノキョウコガカタルハシヲメグルモノガタリ

中野京子が語る 橋をめぐる物語

中野 京子

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 208ページ
ISBN:978-4-309-02273-4 ● Cコード:0095
発売日:2014.03.12

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

  • 橋は、2つの異なる世界を結ぶもの、ドラマが生まれる舞台である。本書では、史実の中の橋、空想の橋、絵の中の橋、怖い橋などさまざまな橋について、興味深いエピソードとともに紹介。

    中野さんの書かれる文章を読むと、中毒症状のようなものが現れます。
    心地よく流れるような文章、縦横無尽にエピソードからエピソードへと軽やかにうつるさま、思いがけない話の顛末……ページをめくる手がとまらずに、次から次へと物語を求めてしまいます。

    「橋をめぐる物語」は、奇妙な橋、怖い橋、運命が変わる橋など不思議な物語も多く収録してあり、私たちをちょっぴり異次元の世界に誘う、橋渡しをしてくれます。

    普段なにげなく渡る橋が違って見えたとき、暗渠になり名前だけが残っているなど橋の名残を見つけたと、どんな物語が秘められているのか気になりだしたら、あなたも中野さんに次いで「橋フェチ」の仲間入りです。ようこそ!

  • 悪魔の橋/犬の飛び込み橋/行きどまりの断橋/暗殺者の橋/水面下の橋/ツイン・タワーに架けられた橋/アントワネットは渡れない/流刑囚の渡る橋/ロンドン橋、落ちた/若きゲーテの渡った橋/地獄も何のその/樵のろうろく橋/印象派が描いたポン・ヌフ/美妃の橋/エッシャーの世界のような/小役人の幽霊/ペルシャ王の舟橋/透明な橋/味噌買い橋/三島由紀夫の『橋づくし』…

著者

中野 京子 (ナカノ キョウコ)

北海道生まれ。早稲田大学講師。専門はドイツ文学、西洋文化史。新聞、雑誌に連載を持ち、テレビ出演や講演会などでも人気。著書に『怖い絵1~3』『危険な世界史』『名画の謎』『はじめてのルーヴル』など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳