ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

単行本

アクタガワリュウノスケ

年表作家読本 新装版

芥川龍之介

鷺 只雄 編著

単行本 A5 ● 232ページ
ISBN:978-4-309-02615-2 ● Cコード:0095
発売日:2017.10.23

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

  • 作家・芥川龍之介の詳細な年表、エピソード、家族や知人の証言、ゆかりの地、肖像や資料写真、作品解説などを掲載。芥川の35年の生涯と人物、業績のすべてが分かる、必携ガイド。新装版。


  • ―目次より―

    第一章 幼少年時代
    芥川の生の原景/文学好きの家庭/マンガ・映画・ダアク一座/龍之介か龍之助か/回覧雑誌『日の出界』…

    第二章 三中・一高・東大時代
    親友・恒藤恭/第四次『新思潮』と漱石/はじめての原稿料/塚本文へのプロポーズ…

    第三章 海軍機関学校教官時代
    細心周到な生活設計/『羅生門』と出版記念会/内田百閒と芥川/「奉教人の死」騒動/大毎社員となる…

    第四章 作家時代〔前期〕
    田端の家と「我鬼窟」/芥川をめぐる女性/芥川と室生犀星/「妖婆」―芥川の妖怪趣味/中国特派員…

    第五章 作家時代〔中期〕
    心身不調と作風の転換/澄江堂の由来/菊池寛の睡眠薬事件/芥川の書斎/大正一二年九月一日…

    第六章 作家時代〔後期〕
    「越し人」との邂逅/芥川の〈京都ガイド〉/「鏡花全集目録開口」/萩原朔太郎との交友/鎌倉を出たのは一生の誤り…

    第七章 晩年と死
    谷崎潤一郎「いたましき人」/柳原白蓮の回想/自殺の三日前/お父さん、よかったですね/遺書…

    第八章 没後史
    死の反響/芥川評価の変遷/芥川賞の設定/映画化された作品/文学碑…

    *新装版帯イラスト:松田奈緒子

著者

鷺 只雄 (サギ タダオ)

1936年福島県生まれ。都留文科大学名誉教授。専門は日本近代文学。『評伝 壺井栄』でやまなし文学賞、日本児童文学学会特別賞受賞。著書に『中島敦論』『芥川龍之介と中島敦』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳