ジャンル: 
  1. 日本文学 > 
  2. 随筆・紀行

単行本

コイワヘ

小岩へ

父敏雄と母ミホを探して

島尾 伸三

単行本 46 ● 224ページ
ISBN:978-4-309-02723-4 ● Cコード:0095
発売日:2018.08.13

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

  • 「死の棘」の「舞台」となった小岩、およびミホが入院することになる場所を含めたその周辺の土地、そして神戸へ。彼らの子どもにその思い出はその場所は、どう立ち上がるのか。

著者

島尾 伸三 (シマオ シンゾウ)

1948年生まれ。写真家・エッセイスト。父・島尾敏雄、母・ミホの長男として神戸市に生まれる。奄美大島で少年時代を過ごす。74年、東京造形大学造形学部写真専攻科卒業。75年よりフリーの写真家として活動。78年、妻・潮田登久子との間に長女・真帆が誕生。著書に『ひかりの引き出し』『月の家族』『生活』『季節風』、共著に『中国庶民生活図引』他多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳