ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

単行本

プリンセスダイアリー

プリンセス・ダイアリー

メグ・キャボット

金原 瑞人

代田 亜香子

受賞
日本図書館協会選定図書

単行本 46 ● 304ページ
ISBN:978-4-309-20358-4 ● Cコード:0097
発売日:2002.02.14

定価1,760円(本体1,600円)

×品切・重版未定

  • 女子高生ミアは、別居中の父親がヨーロッパ小国の王様だと知らされる。突然プリンセスになったとまどい、生活をユーモラスに綴った日記シリーズ。映画「プリティ・プリンセス」原作。

著者

メグ・キャボット (キャボット,メグ)

世界中の女の子の心をつかんだベストセラー作家。『プリンセス・ダイアリー』シリーズは映画化(邦題「プリティ・プリンセス」)され大ヒット!他に『メディエータ』や『アリー・フィンクル』シリーズなど作品多数。

金原 瑞人 (カネハラ ミズヒト)

岡山県生まれ。法政大学社会学部教授。英米文学翻訳家。とりわけヤングアダルトの分野で精力的な翻訳活動を行う。ジョナサン・ストラウド『バーティミアス サマルカンドの秘宝』『同 ゴーレムの眼』(ともに理論社/共訳)をはじめ、アレックス・シラー『チョコレート・アンダーグラウンド』(求龍堂)、M・T・アンダーソン『フィード』(ランダムハウス講談社)、デイヴィッド・アーモンド『火を喰う者たち』(河出書房新社)など訳書多数。著書に『大人になれないまま成熟するために』(洋泉社新書)がある。

代田 亜香子 (ダイタ アカコ)

翻訳家。訳書に『スチュアート・リトル』『屋根にのぼって』『マインド・スパイラル1 スクランブル・マインド』『マインド・スパイラル2 ミッシング・マインド』(共訳)『家なき鳥』などがある。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

本当にこんなことがあったらいいな!という思いをこの本が叶えてくれる☆一見華やかなプリンセス業だけど、中身はとっても大変。ミアと一緒に笑って泣いて恋に友情に公務に悩み、一緒に成長しながら、最後にはほろりと感動しちゃう。笑いがいっぱい、ちりばめられあって、笑い泣きも必須!アメリカの高校生も日本とあんまり変わらないって共感するし、映画もおもしろくて大好き!!この本はオーマイガッーってびっくりするぐらいおもしろい♪ミアと一緒に↑叫んで、自己実現しよう☆ (アン さん/15歳 女性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳