ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

シリーズ: 
  1. Modern&Classic

全集・シリーズ

ベルジャー

ベル・ジャー

シルヴィア・プラス

青柳 祐美子

受賞
日本図書館協会選定図書

単行本 46 ● 352ページ
ISBN:978-4-309-20401-7 ● Cコード:0097
発売日:2004.06.07

定価1,836円(本体1,700円)

×品切・重版未定

  • 優等生の女子大生エスターが深い挫折を味わったのはNYでのひと夏の体験だった。30歳で自殺したピュリツァー賞詩人の自伝的小説。少女版『キャッチャー・イン・ザ・ライ』とされる名作。

著者

シルヴィア・プラス (プラス,シルヴィア)

1932年アメリカ、ボストンに生まれる。名門としてしられるスミス女子大学を卒業ののち、フルブライト奨学金を受けてイギリスのケンブリッジ大学に留学。留学中に知り合ったイギリスの詩人テッド・ヒューズと結婚、二児をもうける。1960年、始めての詩集The Colossus を発表、この一冊で詩人としての揺るぎない地位を獲得するが、1963年30歳で自殺する。没後、Ariel, Crossing the Water, Winter Treesの三冊の詩集が発表され、高い評価を受ける。The Collected Peoms で、ピュリツァー賞を受賞。

青柳 祐美子 (アオヤギ ユミコ)

1970年横浜市に生まれる。上智大学比較文化学部卒業。1995年、フジテレビ『正義は勝つ』第四話で脚本家としてデビュー。NHK連続テレビドラマ「こころ」をはじめとして、「ひとり暮らし」「理想の結婚」「いちばん大切なひと」「スウィートシーズン」などを執筆。映画に「友子の場合」「もういちど逢いたくて/星月童話」など。著書に『バオバブの記憶』(文芸春秋)がある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳