ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

シリーズ: 
  1. Modern&Classic

全集・シリーズ

エルサレムノアキ

エルサレムの秋

アブラハム・B・イェホシュア

母袋 夏生

受賞
読売

単行本 46 ● 192ページ
ISBN:978-4-309-20467-3 ● Cコード:0097
発売日:2006.11.14

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

  • 詩作をやめた詩人とその息子との日常を静謐な筆致で描いた代表作。愛する人の子供を預かった青年の戸惑いを、彼の地の空と灼熱に重ねて綴った表題作。このうえなく美しく哀しい傑作2篇。

著者

アブラハム・B・イェホシュア (イェホシュア,A・B)

1936年、エルサレムに生まれる。イスラエル・ヘブライ文学を代表する作家。ノーベル賞候補にもあげられている。父は中東歴史の研究家、母はモロッコからの移民。大学卒業後、高校やパリで教職につき、67年からハイファ大学文学部でヘブライ文学と比較文学を教え、現在は名誉教授。良心的左派としての論客でもある。作品集『老人の死』『森に向かって』『1970年--夏に』などを発表ののち、70年代後半から長編に移行、『愛人』『モルフォ』『マニ氏』『千年紀末への旅』と、ゆっくりだが着実なペースで作品を発表し、常にベストセラー上位にランクされるほど確かで幅の広い読者層を持っている。政治エッセイに『権利と権利の狭間で』、アラブ人作家アントン・シャマスとの論争も収めた『壁と山』がある。国内外で各章受賞、95年にはイスラエル賞を受賞。

母袋 夏生 (モタイ ナツウ)

1943年長野県生まれ。イスラエル文学翻訳の第一人者。訳書に、ケレット『突然ノックの音が』、オルレブ『走って、走って逃げろ』、『お静かに、父が昼寝しております──ユダヤの民話』など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳