ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

単行本

シェヘラザードノユウシュウ

シェヘラザードの憂愁

アラビアン・ナイト後日譚

ナギーブ・マフフーズ

塙 治夫

受賞
日経 / 全国学校図書館協議会選定図書

単行本 46 ● 360ページ
ISBN:978-4-309-20512-0 ● Cコード:0097
発売日:2009.02.09

定価3,024円(本体2,800円)

×品切・重版未定

  • アラブ人作家として初めてノーベル文学賞を受賞した著者の晩年の代表的小説。『アラビアン・ナイト』が終わった翌日から始まる続篇といえる作品。奇想天外でファンタジックな物語。

著者

ナギーブ・マフフーズ (マフフーズ,N)

1911-2006年。エジプトのカイロ生まれで、現代アラブ世界を代表する作家。1988年にはアラブ人作家として初めてノーベル文学賞を受賞した。カイロ大学哲学科を卒業後、短編集『狂気の独白』を出版して以来、半世紀にわたって精力的に文学活動に励み、50冊以上の長編と短編集を発表した。そのほかにも、多数の映画脚本、劇作、随筆を執筆し、現代アラブで最も多くの読者を持つ第一人者の作家の地位を確立した。代表作は、カイロ旧市街の中下層階級の庶民の生活を社会的なリアリズム手法で描いた「カイロ三部作」で、大河小説として不朽の名作と言われる。『バイナル・カスライン』はその中の第一作で「双宮の間」という意味である。残りの二作は『カスル・アッ=シャウク(愛欲の館)』、『アッ=スッカリーヤ(砂糖小路)』。第一次世界大戦頃からの激動の時代を背景に、緻密な構成、人物と場景の克明な活写、心理描写の繊細さなどを特徴として描かれている。

塙 治夫 (ハナワ ハルオ)

1931年、茨城県生まれ。外務省を経てアラブ7ヶ国などに勤務。マフフーズの翻訳に『バイナル・カスライン』『狂気のささやき』などがある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳