ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

世界をゆるがす衝撃のベストセラー!
英語版に先駆け、日本語版9月発売

単行本

フクジュウ

服従

ミシェル・ウエルベック

大塚 桃

佐藤 優 解説

受賞
朝日、読売、日経、毎日

単行本 46変形 ● 304ページ
ISBN:978-4-309-20678-3 ● Cコード:0097
発売日:2015.09.14

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

買物かごへ入れる

  • 2022年仏大統領選。投票所テロや報道管制の中、極右国民戦線のマリーヌ・ルペンを破り、穏健イスラーム政権が誕生する。シャルリー・エブド事件当日に発売された新たなる予言の書。

    読み終わって、呆然としながら、自分にこう言い聞かせなければならなかった。
    「これは小説であって現実ではないんだ」と。
    「こんなことは起こらない‥‥たぶん‥いや、もしかしたら」
    ──高橋源一郎(作家)

    シニカルな状況認識、政治的な無力感、そして人間の滑稽さに対する冷め切った視線。
    ウエルベックはヨーロッパの未来も若者の力もなにも信じていない。
    けれど、その残酷さこそが文学の力なのだ。
    日本にはこんな作家はいない。
    読むべし!
    ──東 浩紀(批評家)

    「彼も新政府内閣総理大臣なんじゃないか?」
    ウエルベックは僕が今、そう感じちゃう唯一の生きる作家だ。
    愉快な転覆を♡
    ──坂口恭平(新政府内閣総理大臣)

    官学という宮廷に仕える道化師は、露悪的にひれ伏しつつ、顔を背けて窮状をアピールする。
    果たして、我々に咎め立てができるだろうか?
    ウエルベックは、 “宗教”を越えた先、闘うべき対象の影を朧げに炙り出した。
    ──上田岳弘(作家)

    近未来のフランスが舞台のはずが、読み終えると現代日本の話に思えてくる。
    いま、首相も国会も民主主義も信用できない人、必読。
    ──市川真人(批評家)

    『服従』を読むと、人間の自己同一性を保つにあたって、知識や教養がいかに脆いものであるかということがわかる。それに対して、イスラームが想定する超越神は強いのである。
    ──佐藤優(作家・元外務相主任分析官)、本書「解説」より

著者

ミシェル・ウエルベック (ウエルベック,M)

1958年生まれ。現代フランスを代表する作家。長篇『素粒子』がセンセーションを巻き起こし、世界各国で翻訳される。ほかに『闘争領域の拡大』『ある島の可能性』など。最新作『地図と領土』でゴンクール賞受賞。

大塚 桃 (オオツカ モモ)

現代フランス文学の翻訳家。

佐藤 優 (サトウ マサル)

1960年生まれ。作家・元外務省主任分析官。著書に『宗教改革の物語──近代、民族、国家の起源』『創価学会と平和主義』『いま生きる「資本論」』『反知性主義とファシズム』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳