ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

現代アメリカ文学最前線の女性作家、待望の第二短編集!

単行本

レモンバタケノキュウケツキ

レモン畑の吸血鬼

カレン・ラッセル

松田 青子

受賞
朝日

単行本 46変形 ● 320ページ
ISBN:978-4-309-20696-7 ● Cコード:0097
発売日:2016.01.27

定価2,916円(本体2,700円)

○在庫あり

  • 幻想と現実の境界を飛躍する作家、カレン・ラッセル待望の第二短編集。吸血鬼の熟年夫婦の倦怠期が切ない表題作、蚕に変えられ工場で働く少女たちを描く「お国のための糸繰り」ほか全8編。

    ★萩尾望都氏、柴田元幸氏、絶賛!★
    「ここにあるのは21世紀の孤独。
     噛み付けば、味わえる。」————萩尾望都

    「桁外れの博識と、驚異的な幻想力の、幸福な融合。」————柴田元幸

    熟年吸血鬼夫婦の倦怠期、馬に転生した歴代大統領、
    お国のために蚕に身体を変えられた女工たち……
    あらゆるジャンルの境目を跳躍する作家カレン・ラッセルが
    最高の想像力で描く全8編を、
    小説家・松田青子が翻訳する、幸福なコラボレーション!
    「カレン・ラッセルに強く惹かれるのは、
     大胆不適でありながら、同時に世界に対してとても真摯だからだ。
     小さな声を聞き逃さないからだ。」 ————松田青子

  • 【目次】
    「レモン畑の吸血鬼」
    長すぎる余生を過ごす熟年吸血鬼夫婦。
    夫が人間を襲い、闇に紛れてモンスターらしく生きていた日々は遠い昔、
    いまはイタリアの太陽の下、血の代わりにレモンを啜ってしのいでいる。
    そんな夫の姿に、妻が突然別居を言い出して……。

    「お国のための糸繰り」
    舞台は明治時代の日本。
    製糸工場の女工として娘たちが集められるも、身体を蚕に変えられてしまう。
    体内で育った糸を機械に巻き取られる〈蚕女工〉として働くうち、女工のひとりがあることに気づく。

    「一九七九年、カモメ軍団、ストロング・ビーチを襲う」
    母親が失業、進学の夢はついえ、片思いの相手がよりによって自分の兄と付き合いはじめて、どん底のナル。
    ある日、町を飛び回る不気味なカモメたちが、信じられないモノを盗んで隠している巣を見つける。

    「証明」
    西部開拓時代、未開の土地ネブラスカに引っ越してきた一家。
    たどり着いて5年経ったいまも、パパは土地の証明を授けてくれる監査官を待ちわびている。
    ある日ついに、監査官がやって来るという噂が流れる。

    「任期終わりの廏」
    なぜか歴代のアメリカ大統領たちが馬に転生して、廏に大集合。
    姿は馬ながら、虚栄心丸出しで選挙遊説にいそしむ大統領たち。
    19代目ラザフォードは、ここからなんとか逃げ出そうと画策するも……。

    「ダグバート・シャックルトンの南極観戦注意事項」
    南極開催「食物連鎖対戦(クジラ対オキアミ!)」観戦における、オキアミチームメンバー注意事項。
    ルールは11、希望は捨てるな!
    おっと、ちょい待ち、もしあんたがクジラチームのサポーターなら、さっさと消え失せろ!

    「帰還兵」
    ベテランの女性マッサージ師のもとに、まだ若いイラクからの帰還兵がやってくる。
    彼の背中には、陰惨で悲しい思い出のタトゥーが彫られていた。
    彼女は自分の手で、彼の苦しみを取り除こうと決意するが。

    「エリック・ミューティスの墓なし人形」
    不良4人組が、いつもの遊び場で木からぶらさがる「かかし」を見つけた。
    その顔は、自分たちが去年いつもいじめて、いつの間にか姿を消したエリックそっくりだった……。

著者

カレン・ラッセル (ラッセル,カレン)

1981年フロリダ州生。23歳で〈ニューヨーカー〉にてデビュー。独自の世界観が絶賛される。初短篇集『狼少女たちの聖ルーシー寮』で米図書協会の注目作家に選ばれる。他に『スワンプランディア!』。

松田 青子 (マツダ アオコ)

1979年兵庫県生まれ。作家、翻訳家。著書に、小説『おばちゃんたちのいるところ』、エッセイ『東京 しるしのある風景』他。訳書に、カレン・ラッセル『レモン畑の吸血鬼』アメリア・グレイ『AM/PM』他。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳