ジャンル: 
  1. 外国文学 > 
  2. 小説・戯曲・詩歌

単行本

パリニオワリハコナイ

パリに終わりはこない

エンリーケ・ビラ=マタス

木村 榮一

受賞
毎日

単行本 46変形 ● 304ページ
ISBN:978-4-309-20731-5 ● Cコード:0097
発売日:2017.08.28

定価2,592円(本体2,400円)

○在庫あり

  • ヘミングウェイを夢見てパリで作家修行をする「私」は、マルグリット・デュラスの家に下宿しながら処女作を書きあぐねる――世界文学に新しい地平を切り拓くビラ=マタスの代表作。

著者

エンリーケ・ビラ=マタス (ビラ=マタス,E)

1948年バルセロナ生まれ。1985年『ポータブル文学小史』がヨーロッパ諸国で翻訳され、2000年『バートルビーと仲間たち』、次いで2003年『パリに終わりはこない』で世界的に評価される。

木村 榮一 (キムラ エイイチ)

1943年、大阪市生まれ。神戸市外国語大学名誉教授。著書に『ラテンアメリカ十大小説』ほか、訳書にバルガス=リョサ『緑の家』、コルタサル『遊戯の終わり』、リャマサーレス『黄色い雨』ほか。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳