単行本

モンダイダラケノジョセイタチ

問題だらけの女性たち

ジャッキー・フレミング

松田 青子

受賞
読売

単行本 46変形 ● 128ページ
ISBN:978-4-309-20739-1 ● Cコード:0098
発売日:2018.03.22

定価1,296円(本体1,200円)

○在庫あり

  • 女の脳は小さい? 女が考えると生殖器がダメになる!? 19世紀の女性たちがいかにバカバカしい迷信と固定観念に苦しめられたか、ユーモアと皮肉炸裂で描くイギリス発ジェンダー絵本!

    笑うに笑えない、19世紀ヴィクトリア朝の「大問題」な女性観。何をするにも「問題」があると決めつけられ、「歴史のゴミ箱」に捨てられた女性たちをすくい上げる!

    ジャッキー・フレミングの手にかかると、皮肉とユーモアは最高の武器になる。
    昔も今も、この世界のおかしなところは、こんな風に笑いのめしてやらないと。
    ――松田青子

    【各紙大絶賛!】
    なんて面白く、冴えている絵本だろう! 人間の本質を突き、あらゆる世代の男女、子どもまで読める。
    ――「サンデー・タイムズ」

    歴史上の偉大な男性たちをめった斬りにして、足げにされてきた女性たちの姿を描き出す!
    ――「インディペンデント」

    未来のフェミニストたちにとって、パーフェクトな贈り物になるだろう。
    ――「ビックイシュー」

著者

ジャッキー・フレミング (フレミング,J)

ロンドン在住。漫画家、イラストレーター。6冊の漫画著作があり、〈ガーディアン〉〈インディペンデント〉等多くの雑誌にイラストを発表している。自身を「フェミニスト漫画家」と呼んでいる。

松田 青子 (マツダ アオコ)

1979年兵庫県生まれ。作家、翻訳家。著書に、小説『おばちゃんたちのいるところ』、エッセイ『東京 しるしのある風景』他。訳書に、カレン・ラッセル『レモン畑の吸血鬼』アメリア・グレイ『AM/PM』他。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳