ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 世界の歴史

単行本

センソウトキガ

戦争と飢餓

リジー・コリンガム

宇丹 貴代実

黒輪 篤嗣

受賞
読売

単行本 46 ● 608ページ
ISBN:978-4-309-22586-9 ● Cコード:0022
発売日:2012.12.13

定価4,860円(本体4,500円)

△2週間~

  • 第2次世界大戦は食糧をめぐる熾烈な戦いだった! 大戦中の各国は、膨大な軍隊や自国の国民をいかにして養ったのか? 「食糧」というまったく新しい視線で戦争を分析した画期的名著!

  • 地図
    出典に関する註記

    第1章 序——戦争と食糧

    ●第1部 食糧——戦争の原動力●

    第2章 ドイツの帝国への大望
    小麦から肉へ/敗北、飢え、第一次世界大戦の遺産/自給自足経済(アウタルキー)と生存圏(レーベンスラウム)/ヘルベルト・バッケと飢餓計画/東部での大量虐殺

    第3章 日本の帝国への大望
    農村危機の急進的な解決策/満州に100万戸/南京から真珠湾へ

    ●第2部 食糧をめぐる戦い●

    第4章 アメリカの軍需景気

    第5章 イギリスを養う
    肉からパンとじゃがいもへ/アメリカの粉末卵とアルゼンチンの塩漬け牛肉(コンビーフ)

    第6章 大西洋の戦い
    最も過酷な冬/アメリカという命綱/冷凍肉か兵士や武器か/大西洋の勝利

    第7章 大英帝国を動員する
    中東補給センター/東アフリカで暴利をむさぼる/西アフリカとドル不足/ベンガル飢饉

    第8章 ドイツを養う
    生産戦争/西ヨーロッパの占領/ギリシャ飢饉とベルギーの回復力/同盟国とアーリア人

    第9章 飢えを東方に輸出したドイツ
    現地の食糧で生活する/飢餓計画の実施/1941年から42年にかけての食糧危機/ポーランドのホロコースト/ウクライナでの食糧徴発

    第10章 ソヴィエト体制の崩壊

    第11章 日本の飢えへの道
    米とさつまいも/帝国領土の混乱と飢餓

    第12章 内戦下の中国
    国民党の崩壊/生きのびた共産党

    ●第3部 食糧の政治学●

    第13章 天皇のために飢える日本
    お国のためとされた健康的な食生活/チャーチル給与/アメリカの海上封鎖/ガダルカナル/ニューギニア/ビルマ/本土の飢え/降伏

    第14章 ソヴィエト連邦——空腹での戦い
    赤軍を養う/都市部を養う/アメリカという命綱/飢えを克服した忍耐力

    第15章 ドイツとイギリス——受給権に対するふたつの取組み
    1930年代のイギリス——栄養学的な見解の相違/1930年代のドイツ——「栄養面での自立」政策/配給の政治学/イギリスの労働者階級を養う/ドイツの軍事機構を養う/闇市場/ドイツの都市部——空腹だが飢えてはいなかった

    第16章 大英帝国——戦争の福祉的な側面
    ドクター・キャロット——イギリス国民の健康を守る/栄養格差の是正/健康と士気——軍の炊事部隊/塩漬けの牛肉とビスケットで戦う/粥、豆、ビタミン/栄養状態の修復——インド軍

    第17章 アメリカ——不況から抜け出して豊かな社会へ
    「いい戦争」/未来への希望/兵士の快適な生活/オーストラリア——勝利のための食品加工/太平洋諸島の人々を養う

    ●第4部 戦争の余波●

    第18章 腹ぺこの世界

    第19章 豊かな世界
    自国の豊かさとヨーロッパの救済を秤にかける/戦後食糧世界の形成/あらたな消費者の台頭

著者

リジー・コリンガム (コリンガム,L)

ウォーリック大学で歴史を教えたあと、ケンブリッジ大学ジーザスカレッジの研究員となる。著作に『インドカレー伝』(小社)がある。

宇丹 貴代実 (ウタン キヨミ)

1963生まれ。上智大学法学部国際関係法学科卒業。英米文学翻訳家。訳書にバリー『視覚はよみがえる』(筑摩選書)、トルツ『ぼくを創るすべての要素のほんの一部』(武田ランダムハウスジャパン)、ほか多数。

黒輪 篤嗣 (クロワ アツシ)

翻訳家。上智大学文学部哲学科卒。訳書に『ドラゴン フライ エフェクト』、『ポール・スローンの思考力を鍛える30の習慣』、『バフェットの株主総会』、『あなたは最初の100日間に何をすべきか』など多数。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳