ジャンル: 
  1. 芸術・芸能 > 
  2. 写真
  1. 芸術・芸能 > 
  2. アート

単行本

ウツクシイヒビ

うつくしい日々

蜷川 実花

受賞
読売

単行本 A4変形 ● 80ページ
ISBN:978-4-309-27840-7 ● Cコード:0072
発売日:2017.05.11

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

  • 父が逝った日の空は綺麗すぎて怖いくらいだった――父蜷川幸雄がゆっくりと死に向かう一年半。光は眩しく、世界は驚くほど美しくなっていった。奇跡のような日々を写した感動の写真集。

    * * *

    蜷川実花個展「うつくしい日々」原美術館(東京・品川)にて開催。

    原美術館(東京・品川)にて蜷川実花個展「うつくしい日々」の開催が決定いたしました。
    本展は、蜷川実花が、父・幸雄の死に向き合う日々を撮影した写真約60点で構成されます。
    『うつくしい日々』が撮影されたのは昨年の春。本展は同じ季節に開催される10日間のか
    けがえのない展示となります。
    また、この展覧会の展示作品を収めた写真集を同時発売いたします。


    個展「うつくしい日々」
    Mika Ninagawa:The days were beautiful
    会場:原美術館
    会期:2017年5月10日(水)〜19日(金)
    開館日数10日(会期中無休)

著者

蜷川 実花 (ニナガワ ミカ)

写真家、映画監督。木村伊兵衛写真賞他多受賞。映画『さくらん』(2007)『ヘルタースケルター』(2012)監督。映像も手がける。2008年、「蜷川実花展」が全国の美術館を巡回。2010年Rizzoli N.Y.から写真集を出版、世界各国で話題に。2016年台湾MOCA Taipeiにて個展を開催し同館の動員記録を大きく更新。2020年東京オリンピックパラリンピック競技大会組織委員会理事就任。

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

先日、原美術館での蜷川美花さんの特別展を観たときに購入。花の美しさがとても印象的でした(被写体が医療機器や病院のものは正直しんどかったです。作品集としては必要なのですが)。
版元を見てさらに「いいなぁ」と感じました。 (コウタロウ さん/53歳 男性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳