ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 心理

単行本

カンゼンテイホンコヨミタイゼン

完全定本 暦大全

山道 帰一

単行本 A5 ● 324ページ
ISBN:978-4-309-29044-7 ● Cコード:0011
発売日:2019.09.11

定価4,290円(本体3,900円)

○在庫あり

  • 日本で通例の易断の暦に対して、中国台湾の通書に近い形で365日すべての縁起(吉凶趨勢)を割り出し、引越しや冠婚葬祭などの日取りを、日本の気候風土に合わせて詳細に解説した本格版。

    本格的「通書」の世界を本邦初公開!
    日本初の実用性を兼ね備えた伝統擇日の書!
    時間の神秘的な規律、周期性の法則を正しく読み解き、趨吉避凶(凶を避け吉に赴く)の極意を学ぶ!

    「擇日(たくじつ)」とは、古代中国で重視された「時間」が人に与える影響と、それがどのように形成されるかを考究する学問であり、「吉日良辰」(めでたい日)を選び、「趨吉避凶」(凶を避け続けて吉に赴くこと)を行う文化である。
    吉凶を説く「暦注」として馴染まれてきた擇日(たくじつ)法に「叢辰(そうしん)法」がある。これは中国では「通書(つうしょ)擇日」とも呼ばれ、本書で詳しく紹介するテーマである。
    通書とは、日選びと簡便な占術を中心に、生活に役立つ情報や百科事典的な知識を収載した冊子のことで、暦書黄・暦民暦・日暦などとも呼ばれる。

    「時間」「空間」「人間」の三位一体を判断していくことが本来の風水判断であり、「空間」がどのように「時間」とともに変化し、
    どのような影響を「人間」に与えるのかを考え、この変化し続ける「時間」を読み解くのが、「擇日」の技術体系である。
    風水(空間)だけ見て擇日(時間)を見ないのは不十分であり、その風水鑑定の判断もまた時間の経過とともに異なるものになると理解することが重要である。

     古代中国で最も発達した自然科学の一つは「天文学」であり、天文学は「占星術」の色彩が濃い。
    古代中国の『天官書』あるいは『天文志』とは、実際には「占星術」の書である。
    「占星術」は「天、象を垂れ、吉凶を見す」を仮設し、星象の活動、変化である「天文異象」を観察し、人事の吉凶の変化を予測した。
    中国人は「擇日術」を「天学」と呼ぶ。
     古代中国において農耕生活が始まり、天から地上と人間世界支配の代行者として認められた天子(皇帝)が、天体を観測して正しい暦象を把握し、それに基づいて農耕に必要な四時の変化の規則となる暦を民に与えることで、ここに「人」と「天文」「地理」とが「暦算」(暦法と算術)によって結合した。
     上は天子から下は庶民まで「黄暦」(最古の暦法は黄帝によって公布)を行事の暦とし、生活の準則とした。
    天子が臣下に暦を頒布する頒暦によって、吉凶宜忌(宜しいことと忌むこと)の規範を説く「黄暦」の影響下で、政体は永く固められた。
    中国では今でも、冠婚葬祭の行事は古くから民間に根づいている「暦書」(通書)に基づいて行われる。
    「擇日」文化は、古人の生活においてきわめて重要な地位を占有し、その影響力は非常に普遍的である。

    ---------------------------------------------------------------------
    山道 帰一(やまみち・きいつ)
    五術に造詣の深い家元の家庭に生まれ、幼少の頃より五術を学ぶ。
    東洋大学印度哲学科を卒業し、台湾師範大学、韓国西江大学に留学。
    中国・台湾において道教・仙道のフィールドワークの後に日本に帰国。
    アジアにおける正しい伝統文化のあり方を志向し、
    世界的に著名な風水師達からも活動を高く評価され支援されている。
    風水、養生学指導を通じて活動範囲は大学機関・法人に広がり、
    環境を配慮する建設・環境保護団体などから、高い評価を受けている。
    台湾五術界の国宝的存在である鍾進添老師の高弟。
    ブログ「風水山道」(http://blog.yamamichi.org/)にて活動を紹介。

  • 目次より
     序
    第1章 擇日(たくじつ)とは何か?
    第2章 擇日の基本概念
    第3章 擇日用語
    第4章 年家吉凶神煞(しんさつ)
    第5章 月家吉凶神煞
    第6章 日家吉凶神煞
    第7章 時家吉凶神煞
    第8章 天元烏௠日法(てんげんうとたくじつほう)

著者

山道 帰一 (ヤマミチ キイツ)

五術に造詣の深い家元に生まれる。東洋大学印度哲学科卒業。台湾師範大学、韓国西江大学に留学、中国台湾で道教・仙道の研修後に帰国。風水・養生学習指導などを通じた活動で世界的に高く評価されている。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳