シリーズ: 
  1. 河出ブックス

いったい誰と戦っているのか……
「他者を信じない」心性と技術の100年

全集・シリーズ

スパイバクゲキカンシカメラ

スパイ・爆撃・監視カメラ

人が人を信じないということ

永井 良和

単行本 B6 ● 240ページ
ISBN:978-4-309-62425-9 ● Cコード:0336
発売日:2011.02.15

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

  • 人間が相互不信に陥ったとき、何が起こるのか――。左翼の地下活動から、無差別爆撃、プライベート・セキュリティをめぐる技術開発までを一筋に描いてみせる、いまだかつてない社会史。

著者

永井 良和 (ナガイ ヨシカズ)

1960年、兵庫県生まれ。関西大学教授(都市社会学・大衆文化論)。『スパイ・爆撃・監視カメラ』『南海ホークスがあったころ』(共著)『南沙織がいたころ』『尾行者たちの街角』『社交ダンスと日本人』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳