ジャンル: 
  1. 趣味・実用・芸術 > 
  2. 日本語

シリーズ: 
  1. 河出ブックス

全集・シリーズ

ニホンゴニトッテカタカナトハナニカ

日本語にとってカタカナとは何か

山口 謡司

単行本 B6 ● 216ページ
ISBN:978-4-309-62442-6 ● Cコード:0381
発売日:2012.04.12

定価1,404円(本体1,300円)

△2週間~

  • 漢字、ひらがな、カタカナの3種類の文字を使い分けるのが日本語の特性。しかしカタカナはいったい何のためにあるのか? その歴史と機能をエピソードたっぷりにつづる、画期的な日本語論。

著者

山口 謡司 (ヤマグチ ヨウジ)

1963年、長崎県生まれ。大東文化大学准教授(中国文献学)。著書に、『日本語の奇跡』『ん』(以上、新潮新書)、『てんてん』(角川選書)、『迷いが晴れる論語の読み方』(幻冬舎)など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳