ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 哲学・思想

シリーズ: 
  1. 河出ブックス

全集・シリーズ

ニホンファシズムロンソウ

日本ファシズム論争

大戦前夜の思想家たち

福家 崇洋

単行本 B6 ● 256ページ
ISBN:978-4-309-62444-0 ● Cコード:0310
発売日:2012.06.12

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

  • 1920年代、その後の歴史を変える思想「ファシズム」が日本に伝えられた。この思想を、当時の思想家たちはどう受け入れ、また変容させてきたのか。大戦前夜に起きた、彼らの闘争を追う。

著者

福家 崇洋 (フケ タカヒロ)

1977年生まれ。京都市政史編纂助手などを経て、現在京都大学大学文書館助教。専攻は日本近現代思想史、日本近現代史。著書に『戦間期日本の社会思想――「超国家」へのフロンティア』がある。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳