20世紀ヨーロッパを中心とする傑作19篇

単行本 46変形 ● 514ページ
ISBN:978-4-309-70970-3 ● Cコード:0397
発売日:2010.11.12

定価3,456円(本体3,200円)

○在庫あり

  • トマージ・ディ・ランペドゥーサ「リゲーア」、ベル「X町の一夜」、ウエルベック「ランサローテ」など新訳・初訳から、トレヴァー、タブッキなど主に20世紀ヨーロッパの名作19篇収録。

  • 目次

    短編コレクションⅡ

    おしゃべりな家の精・・・・・・・・・・・・アレクサンドル・グリーン 岩本和久訳
    リゲーア・・・・・・・・・ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランベドゥーサ 小林惺訳
    ギンブルのてんねん・・・イツホク・バシェヴィス【ノーベル文学賞受賞】 西成彦訳
    トロイの馬・・・・・・・・・・・・・・・・・・・レーモン・クノー 塩塚秀一郎訳
    ねずみ・・・・・・・・・・・・・・・・ヴィトルド・ゴンブローヴィチ 工藤幸雄訳
    鯨・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ポール・ガデンヌ 堀江敏幸訳
    自殺・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・チェーザレ・パヴェーゼ 河島英昭訳
    X町での一夜・・・・・・・・ハインリヒ・ベル【ノーベル文学賞受賞】 松永美穂訳
    あずまや・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ロジェ・グルニエ 山田稔訳
    犬・・・・・・・・・・・・・・・・・・フリードリヒ・デュレンマット 岩淵達治訳
    同時に・・・・・・・・・・・・・・・・・インゲボルク・バッハマン 大羅志保子訳
    ローズは泣いた・・・・・・・・・・・・・・ウィリアム・トレヴァー 中野恵津子訳
    略奪結婚、あるいはエンドゥール人の謎・・・・ファジル・イスカンデル 安岡治子訳
    希望の海、復讐の帆・・・・・・・・・・・・・・・・J・G・バラード 浅倉久志訳
    そり返った断崖・・・・・・・・・・・・・・・・・A・S・バイアット 池田栄一訳
    芝居小屋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・アントニオ・タブッキ 須賀敦子訳
    無料のラジオ・・・・・・・・・・・・・・・・・サルマン・ルシュディ 寺門泰彦訳
    日の暮れた村・・・・・・・・カズオ・イシグロ【ノーベル文学賞受賞】 柴田元幸訳
    ランサローテ・・・・・・・・・・・・・・・・・ミシェル・ウエルベック 野崎歓訳

著者

アレクサンドル・グリーン (グリーン,A)

ジュゼッペ・トマージ・ディ・ランペドゥーサ (ランペドゥーサ,G・T)

インゲボルク・バッハマン (バッハマン,I)

アントニオ・タブッキ (タブッキ,アントニオ)

1943年イタリア生まれ。現代イタリアを代表する作家。主な作品に『インド夜想曲』『遠い水平線』『レクイエム』『逆さまゲーム』(以上、白水社)、『時は老いをいそぐ』(河出書房新社)など。2012年没。

サルマン・ルシュディ (ルシュディ,S)

1947年インド・ボンベイ生まれの英語作家。世界でももっとも注目される作家の一人。著書に『真夜中の子供たち』(英ブッカー賞受賞)、『ハルーンとお話の海』、『東と西』『悪魔の詩』『ジャガーの微笑』など。

ミシェル・ウエルベック (ウエルベック,M)

1958年フランス生まれ。ヨーロッパを代表する作家。98年『素粒子』がベストセラー。2010年『地図と領土』でゴンクール賞受賞。15年には『服従』が世界中で大きな話題を呼んだ。『ある島の可能性』など。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳