ジャンル: 
  1. 歴史・地理・民俗 > 
  2. 民俗

シリーズ: 
  1. KAWADE道の手帖

全集・シリーズ

タニカワケンイチ

谷川健一

越境する民俗学の巨人

河出書房新社

受賞
全国学校図書館協議会選定図書

単行本 A5 ● 208ページ
ISBN:978-4-309-74052-2 ● Cコード:0039
発売日:2014.02.26

定価1,728円(本体1,600円)

○在庫あり

  • 2013年に物故した民俗学の巨人・谷川健一。古代史への接続、南島論、地名研究など、民俗学の枠を超えて偉大な存在であった氏の、「谷川民俗学」の全貌に迫る。色川大吉・赤坂憲雄対談他。

  • 【特別対談】
    色川大吉
    赤坂憲雄   最後の民俗学者 谷川民俗学とは何か

    【エッセイ】
    谷川章雄  父谷川健一のこと
    水原紫苑  歌人谷川健一 『海の夫人』を読む
    大江修   魂の民俗学 谷川健一の根柢にあるもの
    岡谷公二  谷川健一さんと南島論
    金子遊   巫娼たちの渚

    【谷川健一対談コレクション】
    ×宮田登   「青」と「白」の世界
    ×後藤総一郎 柳田国男と折口信夫
    ×臼田甚五郎 古代人の生活と民俗
    ×松田修   日本人の宗教観  「祟り」を中心に
    ×池田勇次  円空のふるさと  野人像と風土
    ×大林太良  羽衣・天女・白鳥 
    ×島尾敏雄  飢餓をみつめる思想  東北と奄美をめぐる民俗誌     

            ★

    【評論】
    前田速夫  谷川健一と谷川雁 戦後精神史の捉え直しに向けて
    高澤秀次  大いなる戦中派民俗学者の軌跡 常世と他界をめぐって
    谷川彰英  地名と谷川民俗学
    畑中章宏 「青」のフォークロア
    川村湊   鳥と王権  谷川健一氏の論に付して
    筒井功  「谷川健一」のこれから
    村井紀   最後の攘夷党  谷川健一と「季刊柳田国男研究」
    岩田重則 『風土記日本』の現代的課題

    【資料】
    金田久璋  谷川民俗学10のキーテーマ
    金子遊   谷川健一主要ブックガイド20
    谷川健一著作一覧
    谷川健一略年譜

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳