ジャンル: 
  1. 哲学・思想・宗教 > 
  2. 哲学・思想

単行本

コクミントハナニカ

国民とは何か

フィヒテ

E・ルナン

E・バリバール

鵜飼 哲

細見 和之

受賞
日本図書館協会選定図書

単行本 46 ● 320ページ
ISBN:978-4-309-90186-2 ● Cコード:0010
発売日:1997.10.02

定価3,780円(本体3,500円)

×品切・重版未定

  • 「国民とは何か」の本邦初訳とフィヒテの「ドイツ国民に告ぐ」(抄訳)の二大古典に現代の批判的読解を添え、自由主義史観にも再考を促す。今こそ読まれるべき国民論の必読書。

著者

フィヒテ (フィヒテ)

19世紀ドイツの哲学者で、自国民に向けて行った対照的な演説は、近・現代の西洋及び日本の国民、国家観を今も規定している。

E・ルナン (ルナン,E)

19世紀フランスの哲学者、人文学者で、自国民に向けて行った対照的な演説は、近・現代の西洋及び日本の国民、国家観を今も規定している。

E・バリバール (バリバール,E)

鵜飼 哲 (ウカイ サトシ)

1955年生まれ。一橋大学助教授デリダの元で学び専攻はジュネだが「ショアー」の上映など様々な社会、政治状況にも関わる。その発言がいまもっとも注目されている人。著書『抵抗への招待』『原理主義とは何か』

細見 和之 (ホソミ カズユキ)

1962年、兵庫県生まれ。大阪府立大学人間社会学部教授。詩人、ドイツ社会思想。著書『アドルノ』(講談社)『ベンヤミン「言語一般および人間の言語について」を読む』(岩波書店)『「戦後」の思想』(白水社)、訳書、べンヤミン『パサージュ論』(共訳、岩波書店)、ローデンツバイク『救済の星』(共訳、みすず書房)、詩集『ホッチキス』(書肆山田)他。

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳