ジャンル: 
  1. 文藝別冊

シリーズ: 
  1. 文藝別冊

KAWADE夢ムック

ホンダヤスハル

本田靖春

「戦後」を追い続けたジャーナリスト

ムック A5 ● 192ページ
ISBN:978-4-309-97737-9 ● Cコード:9495
発売日:2010.07.15

定価1,234円(本体1,143円)

×品切

  • ノンフィクションが枯渇する今こそ振り返るべき、孤高のジャーナリスト。没後初・特集本。佐野眞一×吉見俊哉、魚住昭×元木昌彦、足立倫行、斎藤貴男、野村進他、単行本未収録作品も掲載。

  • 【特別対談】
    佐野眞一×吉見俊哉
    「戦後」を繋ぎ止めるために

    魚住昭×元木昌彦
    ジャーナリズム遺産としての本田靖 春

    【本田靖春単行本未収録作品】
    不況の底辺・山谷
    政治的「政治記者」 の体質
    虫眼鏡でのぞいた大東京

    【インタビュー】
    回想 夫・本田靖春の こと 本田早智 

    【エッセイ】
    足立倫行   本田さんと飲んだ夜
    色川 武大   動乱期への郷愁
    大谷昭宏   私を突き動かしたあの夜のひと言
    恩地日出夫  貧しかったけど幸福だっ た
    鎌田慧    国家と農民
    斎藤貴男   囚われだらけの時代に
    佐木隆三   由緒正しい 貧乏人
    沢木耕太郎  兄貴分
    筑紫哲也   また「戦後」は遠くなり
    野村進    編集者は “敵”と思え
    松本大介(さわや書店 本店)  『誘拐』に教えられた書店ジャーナリズム
    渡瀬昌彦(講談社)   名文家は話の達人でもあった

    【論考】
    武田徹  相対化への意志
    辻井南 青紀  ジャーナリズムが生き延びる余地

    【本田靖春インタビュー】
    まだ書くことがある!  聞き手・和多田進

    【再録対談】
    本田靖春×五木寛之
        ×黒田 清
        ×中上健次

    【資料】
    本田靖春著作一覧/略年譜

著者

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳