ジャンル: 
  1. 文藝別冊
  1. 文庫・新書 > 
  2. KAWADE夢ムック
  1. 日本文学 > 
  2. 評論・研究

シリーズ: 
  1. 文藝別冊

KAWADE夢ムック

ハナモリヤスジ

花森安治

美しい「暮し」の創始者

受賞
朝日

ムック A5 ● 232ページ
ISBN:978-4-309-97765-2 ● Cコード:9495
発売日:2011.12.15

定価1,296円(本体1,200円)

×品切・重版未定

  • 雑誌「暮しの手帖」の初代名物編集長、生誕100年を迎えた花森安治の総特集。鋭い言論と徹底した美意識に基づく誌面づくりで権力に切り込み、生活者に寄り添った唯一無二の人物像に迫る。

  • ●カラー8P 花森安治アートファイル
    ~京都での療養中に書いたスケッチブックは初公開!
    装釘本★デザイン画★スケッチブック

    ●花森安治ベスト・コレクション
    ~世の中にもの申す! 今、この時代だからこそ読みたい名文
    若いひとに/言葉は暮しのなかに生きている/君もおまえも聞いてくれ
    白い窓卓 編輯後記/手にも美しい表情を
    衣装研究家の花森安治氏に歌舞伎の話を訊く[聞き手・構成 有吉佐和子]     
    僕らにとって8月15日とは何であったか    
    お人よしで親切で(大宅壮一追悼)/シェーファーのインク瓶 
    人間の手について

    ●スペシャル対談
    唐澤平吉×南陀楼綾繁 「花森安治の装釘」談義
     
    ●対談再録
    ×徳川夢声    問答有用第百十一回
    ×江戸川乱歩   本格もの不振の打開策について

    ●特別インタビュー
    ~娘さんが語る素顔の花森ほか
    土井藍生   父・花森安治と過ごした日々(聞き手 編集部) 26
    杉山平一   花森安治を語る(聞き手 赤田祐一) 64
    矢崎泰久   スカートをはいた名編集者(聞き手 宇井洋) 146

    ●寄稿
    椹木野衣★たたかえ暮しの〝手〟帖
    鶴見俊輔★花森安治讃
    サトウハチロー★花森安治
    木内昇★まるまる一冊
    藤城清治★停電の夜に始めた影絵の話
    堀江敏幸★ダイヤルの位置は適当か
    津野海太郎★時代の空気 ロゲルギストと花森安治
    早川茉莉★森茉莉と花森親分
    熊井明子★暮し方を変えてしまう雑誌
    市川慎子★花森安治のこと
    山本夏彦★たったひとりの人 花森安治   
    永江朗★暮らしをもっと、わがままに美しく
    茨木のり子★『暮しの手帖』の発想と方法
    荻昌弘★花森イズムと〝暮しの手帖〟

    南陀楼綾繁★「鬼瓦」は大橋を渡って 花森安治と松江
    矢野進★花森安治が描いた表紙画
    馬場マコト★宣伝技術家・花森安治
    濱田研吾★花森安治の話術

    ●資料
    ~花森について知りたい人、必携
    花森安治がつくった「暮しの手帖」152冊ダイジェスト
    いま読める花森安治の本+花森安治についての本
    花森安治交友録
    花森安治略年譜
    花森安治著述&主要関連文献リスト

著者

読者の声

この本に寄せられた読者の声一覧

重複なしのあらゆる角度から花森安治・『暮しの手帖』が浮き彫りにされたような、抜群の読み応えがあった。中でも椹木野衣さんの「たたかえ暮しの"手"帖」は、じーんと感動に浸ってしまった。生活に欠かせない便利な家電。しかし、家電によって日本人が捨てたものとは?それは、手仕事中心の暮しと心。衣食住の根底にあったのは、身を削って、自分の手によって生活をつくり出すこと。そこに日本人の生の真実があったのかもしれない。物であふれ、自分の手でつくる必要がない現代。もし今、花森安治さんが生きていたら、何を思うだろうか?嘆きや怒りが聞こえてきそうだ。 (いのむち さん/22歳 男性)

この本の感想をお寄せください

本書をお読みになったご意見・ご感想などをお気軽にお寄せください。
投稿された内容は、弊社ホームページや新聞・雑誌広告などに掲載させていただくことがございます。
※は必須項目です。恐縮ですが、必ずご記入をお願いいたします。
※こちらにお送り頂いたご質問やご要望などに関しましては、お返事することができません。
あしからず、ご了承ください。お問い合わせは、こちら




 歳