検索結果

196件中 161180件を表示 | 表示件数   件

モーツァルトの電話帳

日本文学

同時代の女性歌集

モーツァルトの電話帳

永井 陽子 短歌

〈るるるる――と呼べどもいづれかの国へ出かけてモーツァルトは不在〉 日本語の音楽性を自在に駆使し、遥かな“ゆうさりの光”の世界と交響する、現代短歌のあざやかな結晶。

  • 単行本 / 176頁
  • 1993.11.15発売
  • ISBN 978-4-309-00869-1

定価1,677円(本体1,553円)

×品切・重版未定

詳細を見る
一夏

日本文学

同時代の女性歌集

一夏

米川 千嘉子 短歌

〈乳与へて立ち上がりたれば草も陽も一夏(いちげ)の濃ゆき輪郭に燃ゆ〉 一人のひとを恋し、結ばれ、やがて子の母となる。なぜ母は母という生をつなぎ続けているのだろう。

  • 単行本 / 200頁
  • 1993.09.24発売
  • ISBN 978-4-309-00856-1

定価1,572円(本体1,456円)

×品切・重版未定

詳細を見る
若夏記

日本文学

同時代の女性歌集

若夏記

今野 寿美 短歌

〈若夏の水が匂へばわたすげの風にしたがふこころゆかしも〉 やわらかにめぐる季節の中で、この世に存在するものみなへ静やかに注がれるまなざしから生まれる限りない優情の歌。

  • 単行本 / 184頁
  • 1993.07.05発売
  • ISBN 978-4-309-00847-9

定価1,572円(本体1,456円)

×品切・重版未定

詳細を見る
母にささぐ受験歌

日本文学

母にささぐ受験歌

幼くして父を失い、母の手一つで育てられ、苦学のなかで、司法試験を目指した著者が、受験に明けくれた清貧苦闘の青春時代を詠んだ、感動にみちた歌日記。

  • 単行本 / 216頁
  • 1993.04.10発売
  • ISBN 978-4-309-90106-0

定価1,572円(本体1,456円)

×品切・重版未定

詳細を見る
風の吹く日にベランダにいる

日本文学

同時代の女性歌集

風の吹く日にベランダにいる

早坂 類 短歌

〈生きてゆく理由は問わない約束の少年少女が光る湘南〉 風俗の表面で軽やかに生きる若者の姿を鮮やかに捉えた、新しい時代のイメージが充溢する、次代のホープの第一歌集。

  • 単行本 / 204頁
  • 1993.03.22発売
  • ISBN 978-4-309-00828-8

定価1,572円(本体1,456円)

×品切・重版未定

詳細を見る
天使がきらり

日本文学

同時代の女性歌集

天使がきらり

干場 しおり 短歌

〈別のわれどこか遠くで泣いておりちりりと胸が痛い真夜中〉 一行の抒情詩としての短歌が透明に響かせる、去りゆく青春の、恋や仕事で日日痛みを覚える心のありのままの姿。

  • 単行本 / 204頁
  • 1993.02.22発売
  • ISBN 978-4-309-00815-8

定価1,572円(本体1,456円)

×品切・重版未定

詳細を見る
俳句のおけいこ

日本文学

俳句のおけいこ
MY HAIKU JOURNEY

J・スタム 著 江國 滋佐藤 和夫 監修

梅咲いてまたひととせの異国かな――漂泊するコスモポリタンの哀しみとユーモアを、日本語と英語に託したHAIKU=俳句集。俳句の国際化に生涯を捧げた米コピーライターの意欲作。

  • 単行本 / 148頁
  • 1993.01.25発売
  • ISBN 978-4-309-00813-4

定価1,677円(本体1,553円)

×品切・重版未定

詳細を見る
コリオリの風

日本文学

同時代の女性歌集

コリオリの風

井辻 朱美 短歌

〈きたる世も吹かれておらんコリオリの力にひずむ地球の風に〉――。宇宙的な空間を意識しつつ、地球の古生代から現代までを視野に入れた、時空を超越したファンタジー溢れる歌集。

  • 単行本 / 184頁
  • 1993.01.20発売
  • ISBN 978-4-309-00807-3

定価1,363円(本体1,262円)

×品切・重版未定

詳細を見る
たまゆら草紙

日本文学

同時代の女性歌集

たまゆら草紙

松平 盟子 短歌

〈ランジェリーすべりおちゆくたまゆらのうすべにいろの迷い愉しむ〉 離婚を体験した女性の、別れた子どもへの思い、また日々接触する異性に対して揺れる女心を華麗にうたう。

  • 単行本 / 184頁
  • 1992.12.25発売
  • ISBN 978-4-309-00808-0

定価1,363円(本体1,262円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ここは夜のどこか

日本文学

ここは夜のどこか

“やわらかい白状”“冷蔵庫で眠りたい”“マニキュアを塗らない日”など、女のこころの真実をことばに変える松井五郎。つぶやきがあなたの胸にしみ入り、優しくふれ、やがてなぐさめる。

  • 単行本 / 144頁
  • 1992.12.18発売
  • ISBN 978-4-309-00806-6

定価1,363円(本体1,262円)

×品切・重版未定

詳細を見る
いつか笑える日

日本文学

いつか笑える日
仲井戸麗市歌詞集

フォーク世代を風靡した「古井戸」時代の貴重な詞60編と、2枚のソロアルバム、さらに「麗蘭」での未発表詩を含む歌詞集大成! おおくぼひさこ氏の豪華グラビア、自作年譜つき。

  • 単行本 / 300頁
  • 1992.12.15発売
  • ISBN 978-4-309-00798-4

定価1,782円(本体1,650円)

×品切・重版未定

詳細を見る
猫のしっぽ

日本文学

猫のしっぽ
101匹俳句の猫大行進

バラ色の舌のぞかせて猫日和。パーソナリティ、声優、俳優として活躍するチャコとネコの四季遊び。101の俳句とかわいらしい写真でつづった猫たちのフォー・シーズン。

  • 単行本 / 64頁
  • 1992.12.07発売
  • ISBN 978-4-309-00805-9

定価1,258円(本体1,165円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ふたりごころ

日本文学

同時代の女性歌集

ふたりごころ

沖 ななも 短歌

〈一つ一つ放棄しゆけり捨てられるものがそれでもあるうちはよし〉 独身のまま中年に到った女性の日常に触れてくる光景や出来事、男性への思いを新鮮に刻んだ人生の歌集。

  • 単行本 / 204頁
  • 1992.11.10発売
  • ISBN 978-4-309-00789-2

定価1,363円(本体1,262円)

×品切・重版未定

詳細を見る
〈同時代〉としての女性短歌

日本文学

BUNGEI SPECIAL

〈同時代〉としての女性短歌

馬場 あき子俵 万智 短歌

〈時代〉の心を31の音の響きに乗せて――。斎藤史、馬場あき子をはじめ、俵万智、林あまりまで、90余人の女性歌人のインタヴュー、作品、女性短歌史年表などを収めた画期的案内書。

  • 単行本 / 422頁
  • 1992.09.30発売
  • ISBN 978-4-309-00795-3

定価1,572円(本体1,456円)

×品切・重版未定

詳細を見る
夜明けの桃

日本文学

夜明けの桃

稲葉 真弓

“またきっと会える。千年もたてば――”水に揺蕩う透明な情景、流れ行く時。過ぎ行くものと残るものとのあえかな交歓を、あふれる感性で描き出した注目の新詩集。

  • 単行本 / 112頁
  • 1991.09.04発売
  • ISBN 978-4-309-00716-8

定価1,572円(本体1,456円)

×品切・重版未定

詳細を見る
千年の祈り

日本文学

千年の祈り

渡辺 十絲子

「Fの残響」から三年――おもいがけない旋律のゆらぎの中にたしかに渦をまいている眩く、新しいポエジーの可能性のかたち。90年代詩をきりひらく大型女性詩人による話題の第二詩集。

  • 単行本 / 128頁
  • 1991.07.15発売
  • ISBN 978-4-309-00692-5

定価2,307円(本体2,136円)

×品切・重版未定

詳細を見る
きらい

日本文学

同時代の女性歌集

きらい

大田 美和 短歌

〈木漏れ日に漏れたる君にくちづける今朝は世界ができて七日め〉 ほのかな恋の芽ばえから悲しい黄昏の別れの歌のほか、鋭利な批評を秘めたフェミニズムの短歌までを収録。話題の第一歌集。

  • 単行本 / 208頁
  • 1991.06.25発売
  • ISBN 978-4-309-00695-6

定価1,258円(本体1,165円)

×品切・重版未定

詳細を見る
最後から二番目のキッス

日本文学

同時代の女性歌集

最後から二番目のキッス

〈降るまえの雨の匂いに思いつく今夜が最後のくちづけの場所〉――新鮮な感受性を武器に、時代の中の男女、少女たちの生きゆく光景を素材に、世紀末から“明日”へと向かう〈予感〉の歌集。

  • 単行本 / 192頁
  • 1991.05.27発売
  • ISBN 978-4-309-00684-0

定価1,258円(本体1,165円)

×品切・重版未定

詳細を見る
ナグネタリョン

日本文学

同時代の女性歌集

ナグネタリョン

李 正子 短歌

〈靴ぬぎてひとりたたずむすすき野のむこうは祖国ふりむけば日本〉 在日韓国人二世として生を享け、宿命的な生き難い場所で短歌に“生の表現”を託した女性の、魂の底からの作品を収録。

  • 単行本 / 208頁
  • 1991.05.27発売
  • ISBN 978-4-309-00685-7

定価1,258円(本体1,165円)

×品切・重版未定

詳細を見る
かぜのてのひら

日本文学

同時代の女性歌集

かぜのてのひら

俵 万智 短歌

〈男とはふいに煙草をとりだして火をつけるものこういうときに〉 国民的な熱い共感を呼んだ第1歌集『サラダ記念日』以後の、成熟へと向かう内面、教師生活への別れを歌った第2歌集。

  • 単行本 / 224頁
  • 1991.04.17発売
  • ISBN 978-4-309-00682-6

定価1,049円(本体971円)

×品切・重版未定

詳細を見る