検索結果

亀井勝一郎 (カメイカツイチロウ)

1907?1966。評論家。太宰治の友人。主な著書に、『大和古寺風物誌』『愛の無情について』『青春論』など。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

愛と苦悩の手紙

文庫・新書

愛と苦悩の手紙
君を思い、思うことあり

太宰 治 著 亀井勝一郎

太宰治の戦中、戦後、自死に至るまでの手紙を収録。先輩、友人、後輩に。含羞と直情と親愛。既刊の小山清編の戦中篇と併せて味読ください。

  • 河出文庫 / 176頁
  • 2019.06.06発売
  • ISBN 978-4-309-41691-5

定価858円(本体780円)

○在庫あり

詳細を見る