検索結果

吉本 隆明 (ヨシモト タカアキ)

1924年、東京生まれ。詩人、思想家、批評家。おもな著作に『言語にとって美とはなにか』『共同幻想論』『最後の親鸞』『ひきこもれ――ひとりの時間をもつということ』など。2012年没。

12件中 112件を表示 | 表示件数   件

にゃんこ天国

日本文学

にゃんこ天国
ごきげん文藝 猫のエッセイアンソロジー

内田 百閒佐藤 春夫佐野 洋子保坂 和志村山 由佳吉本 隆明

「猫愛」があふれて止まらないエッセイ33篇を精選収録。猫の魅力を余すことなく伝えるこの本は、読んでほっこり、猫がもっと好きになる、きっと猫が飼いたくなる猫アンソロジーの決定版!

  • 単行本 / 240頁
  • 2018.10.22発売
  • ISBN 978-4-309-02732-6

定価1,782円(本体1,650円)

△2週間~

詳細を見る
言葉からの触手
  • 河出文庫 / 136頁
  • 2003.12.06発売
  • ISBN 978-4-309-40706-7

定価583円(本体540円)

○在庫あり

詳細を見る
なぜ、猫とつきあうのか

文庫・新書

なぜ、猫とつきあうのか

吉本 隆明

少年の頃から幾多の猫と暮らし、その性格、生き方、家族関係や、戦い、死を目のあたりにしてきた著者が、さまざまな思いを秘めながら、愛する猫たちの生き方を通して、生命の不思議を掘り下げる。

  • 河出文庫 / 216頁
  • 1998.10.04発売
  • ISBN 978-4-309-40551-3

定価626円(本体580円)

×品切・重版未定

詳細を見る
意識 革命 宇宙

日本文学

意識 革命 宇宙

埴谷 雄高吉本 隆明

文学史の極北に聳える大著『死霊』5章への徹底した論及を通して、時代と状況の最も切実・本質的な課題を開示する。時代に屹立する両巨人の、唯一の画期的な対談。詳細注釈付き。

  • 単行本 / 188頁
  • 1997.05.10発売
  • ISBN 978-4-309-01144-8

定価2,160円(本体2,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る
情況としての画像

文庫・新書

情況としての画像
高度資本主義下の【テレビ】

吉本 隆明

昭和天皇の死、天安門事件、美空ひばり――昭和から平成へ時代が大きく変わる中、歴史と情況をテレビの画像を通じて解読し、社会主義国家権力と超資本主義という新たな時代の問いに応える。

  • 河出文庫 / 216頁
  • 1995.10.04発売
  • ISBN 978-4-309-40457-8

定価588円(本体544円)

×品切・重版未定

詳細を見る
情況としての画像

日本文学

情況としての画像

吉本 隆明

昭和天皇の死、天安門事件、美空ひばり――昭和から平成へ時代が大きく変わる中、歴史と情況をテレビの画像を通じて解読し、社会主義国家権力と超資本主義という新たな時代の問いに応える。

  • 単行本 / 196頁
  • 1991.06.28発売
  • ISBN 978-4-309-00686-4

定価2,097円(本体1,942円)

×品切・重版未定

詳細を見る
エイティーズ

政治・経済・社会

エイティーズ

吉本 隆明浅田 彰蓮實 重彦上野 千鶴子

80年代の10年を大きく近代の転換の時代ととらえ、世界資本主義、環境、家族――といった社会問題から、文学、映画、演劇?といった文化の変容まで問題を抽出し検証する項目別大百科。

  • 単行本 / 264頁
  • 1990.07.19発売
  • ISBN 978-4-309-00634-5

定価2,516円(本体2,330円)

×品切・重版未定

詳細を見る
写真論

芸術・芸能

写真論

荒木 経惟 写真 吉本 隆明

都市の猥雑の中に人と現在を凝視する天才アラーキーのポレミーク。なんの変哲もない風景の切り取りの果てに時代の根底を露出する、写真による写真論。

  • 単行本 / 120頁
  • 1989.08.31発売
  • ISBN 978-4-309-26118-8

定価3,146円(本体2,913円)

×品切・重版未定

詳細を見る
琉球弧の喚起力と南島論

日本文学

琉球弧の喚起力と南島論
シンポジウム1988・12・2那覇

吉本 隆明

かつて反天皇制の論拠として構想された「南島論」を超国家論の地平へと解き放ち、世界史的視点から日本国家の神話を掘り崩す壮大な知的冒険。

  • 単行本 / 220頁
  • 1989.07.31発売
  • ISBN 978-4-309-00575-1

定価1,888円(本体1,748円)

×品切・重版未定

詳細を見る
言葉からの触手

日本文学

言葉からの触手

吉本 隆明

「文藝」に連載されたアフォリズムを徹底的に改稿、新たなテクストとして世に問う、吉本隆明の思想、表現の原理の書。思考の運動を体験する本。

  • 単行本 / 96頁
  • 1989.06.13発売
  • ISBN 978-4-309-00568-3

定価1,258円(本体1,165円)

×品切・重版未定

詳細を見る
初期歌謡論

日本文学

初期歌謡論

吉本 隆明

〈あはれ〉〈かなしみ〉に象徴される“日本的感性”はいかに定着したか。古代歌謡から万葉集を経て古今・新古今に至る和歌意識の成立過程を画期的な構想で捉える大著。

  • 単行本 / 500頁
  • 1977.06.27発売
  • ISBN 978-4-309-00152-4

定価1,944円(本体1,800円)

×品切・重版未定

詳細を見る
共同幻想論

哲学・思想・宗教

共同幻想論

吉本 隆明

既成左翼の低迷のただなかで確乎たる自立思想の歩みをすすめる著者が“共同幻想”という観点から、宗教・法・政治・国家の本質を捉え、包括的に解明した雄大な代表作。

  • 単行本 / 260頁
  • 1968.11.29発売
  • ISBN 978-4-309-00080-0

定価2,160円(本体2,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る