検索結果

高橋 和巳 (タカハシ カズミ)

1931年生まれ。1971年に39歳で早逝した小説家、中国文学者。『悲の器』で第1回文藝賞受賞。著書に『我が心は石にあらず』『邪宗門』『日本の悪霊』『わが解体』ほか多数ある。

17件中 117件を表示 | 表示件数   件

わが解体

文庫・新書

わが解体

高橋 和巳

早逝した天才作家が、全共闘運動と自己の在り方を“わが内なる告発”として追求した最後の長編エッセイ、母の祈りにみちた死にいたる闘病の記など、“思想的遺書”とも言うべき一冊。赤坂真理氏推薦

  • 河出文庫 / 280頁
  • 2017.04.06発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-41526-0

予価994円(本体920円)

※未刊

詳細を見る
悲の器

文庫・新書

悲の器

高橋 和巳

  • 河出文庫 / 552頁
  • 2016.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-41480-5

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
憂鬱なる党派 上

文庫・新書

憂鬱なる党派 上

高橋 和巳

内田樹氏、小池真理子氏推薦。三十九歳で早逝した天才作家のあの名作がついに甦る……大学を出て七年、西村は、かつて革命の理念のもと激動の日々をともにした旧友たちを訪ねる。全読書人に贈る必読書!

  • 河出文庫 / 416頁
  • 2016.07.06発売
  • ISBN 978-4-309-41466-9

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
憂鬱なる党派 下

文庫・新書

憂鬱なる党派 下

高橋 和巳

内田樹氏、小池真理子氏推薦。三十九歳で早逝した天才作家の代表的巨篇がついに甦る……革命の理念のもと、激動の時代を生きた彼らの青春とはなんだったのか? 永遠の名作が待望の復刊!

  • 河出文庫 / 424頁
  • 2016.07.06発売
  • ISBN 978-4-309-41467-6

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
邪宗門 上

文庫・新書

邪宗門 上

高橋 和巳

戦時下の弾圧で壊滅し、戦後復活し急進化した“教団”。その興亡を壮大なスケールで描く、三十九歳で早逝した天才作家による伝説の巨篇。今もあまたの読書人が絶賛する永遠の“必読書”!

  • 河出文庫 / 608頁
  • 2014.08.06発売
  • ISBN 978-4-309-41309-9

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
邪宗門 下

文庫・新書

邪宗門 下

高橋 和巳

戦時下の弾圧で壊滅し、戦後復活し急進化した“教団”。その興亡を壮大なスケールで描く、三十九歳で早逝した天才作家による伝説の巨篇。今もあまたの読書人が絶賛する永遠の“必読書”!

  • 河出文庫 / 624頁
  • 2014.08.06発売
  • ISBN 978-4-309-41310-5

定価1,404円(本体1,300円)

○在庫あり

詳細を見る
わが解体

文庫・新書

わが解体

高橋 和巳

  • 河出文庫 / 256頁
  • 1997.02.04発売
  • ISBN 978-4-309-42011-0

定価907円(本体840円)

×品切・重版未定

詳細を見る
日本の悪霊
  • 河出文庫 / 496頁
  • 1997.01.04発売
  • ISBN 978-4-309-42010-3

定価1,264円(本体1,170円)

×品切・重版未定

詳細を見る
我が心は石にあらず
  • 河出文庫 / 392頁
  • 1996.12.04発売
  • ISBN 978-4-309-42009-7

定価1,153円(本体1,068円)

×品切・重版未定

詳細を見る
逸脱の論理
  • 河出文庫 / 280頁
  • 1996.11.04発売
  • ISBN 978-4-309-42008-0

定価996円(本体922円)

×品切・重版未定

詳細を見る
憂鬱なる党派 上
  • 河出文庫 / 408頁
  • 1996.10.04発売
  • ISBN 978-4-309-42006-6

定価1,153円(本体1,068円)

×品切・重版未定

詳細を見る
憂鬱なる党派 下
  • 河出文庫 / 372頁
  • 1996.10.04発売
  • ISBN 978-4-309-42007-3

定価1,153円(本体1,068円)

×品切・重版未定

詳細を見る
李商隠

文庫・新書

李商隠

高橋 和巳

  • 河出文庫 / 272頁
  • 1996.09.04発売
  • ISBN 978-4-309-42004-2

定価922円(本体854円)

×品切・重版未定

詳細を見る
さわやかな朝がゆの味

文庫・新書

さわやかな朝がゆの味

高橋 和巳

著者の人間としての思想原理を表明した「孤立無援の思想」などの主要評論と、自らの生い立ち、戦時下の少年期、激動の青春時代、日々の思いを綴ったエッセイを一巻に精選。人間高橋和巳のエッセンス!

  • 河出文庫 / 248頁
  • 1996.08.04発売
  • ISBN 978-4-309-42005-9

定価839円(本体777円)

×品切・重版未定

詳細を見る
捨子物語

文庫・新書

捨子物語

高橋 和巳

太平洋戦争末期、空襲で破壊されて行く大阪を舞台に、複雑に入り組んだ家族環境の下で育つ少年を描いて、死の淵を歩む自らの生の根源に降り立った処女長篇小説。著者の全てが凝縮された青春の金字塔!

  • 河出文庫 / 448頁
  • 1996.07.04発売
  • ISBN 978-4-309-42003-5

定価1,153円(本体1,068円)

×品切・重版未定

詳細を見る
森の王様

文庫・新書

森の王様

高橋 和巳

元特攻隊員と老右翼理論家の対峙を通して、“死の哲学”を究明した衝撃作「散華」を中心に、初期詩篇、初期小説、習作、未完小説など高橋文学の原点を明かす作品を集成した、愛読者必読の異色篇。

  • 河出文庫 / 296頁
  • 1996.06.04発売
  • ISBN 978-4-309-42002-8

定価922円(本体854円)

×品切・重版未定

詳細を見る
悲の器

文庫・新書

悲の器

高橋 和巳

一九六二年、第一回文藝賞に輝いたデビュー作。家政婦とのスキャンダルにより破滅して行く大学教授の姿を通して、知識人の矛盾を描き切った長篇傑作。

  • 河出文庫 / 552頁
  • 1996.05.04発売
  • ISBN 978-4-309-42001-1

定価1,258円(本体1,165円)

×品切・重版未定

詳細を見る