検索結果

小長谷 有紀 (コナガヤ ユキ)

1957年生まれ。国立民族学博物館助教授。ユーラシア遊牧社会を研究。主として、モンゴルにおける牧畜の技術と儀礼について調査をおこなっている。

3件中 13件を表示 | 表示件数   件

梅棹忠夫のことば

哲学・思想・宗教

梅棹忠夫のことば

梅棹 忠夫 著 小長谷 有紀

地球と文明を見わたし、時代を見とおした先覚者の知的生産力はどのようにして生まれたのか。厖大な著作のなかから、あらたな発想を導く大胆で洞察力にみちたことばを精選して解説する。

  • 単行本 / 224頁
  • 2011.03.14発売
  • ISBN 978-4-309-24544-7

定価1,404円(本体1,300円)

×品切・重版未定

詳細を見る
モンゴル

歴史・地理・民俗

暮らしがわかる〈アジア読本〉【全16冊】

モンゴル

小長谷 有紀

ユーラシア大陸中央の草原で、独自の生活を営んできたモンゴル民族。食生活から医療、宗教、音楽などで、その遊牧に根ざした伝統を探り、民主化に向かっている「いま」の姿を紹介する。

  • 単行本 / 304頁
  • 1997.12.10発売
  • ISBN 978-4-309-72464-5

定価2,160円(本体2,000円)

×品切・重版未定

詳細を見る
モンゴルの春

歴史・地理・民俗

モンゴルの春
人類学スケッチ・ブック

小長谷 有紀

遊牧の起源を求めて羊の出産期にモンゴルに入った若き女性人類学者はそこに新しい学説の芽を発見する。学問する喜びなのかモンゴル人との生活の楽しさなのか。写真で綴るフィールドノート。

  • 単行本 / 266頁
  • 1991.03.29発売
  • ISBN 978-4-309-22193-9

定価1,888円(本体1,748円)

×品切・重版未定

詳細を見る