検索結果

野村 喜和夫 (ノムラ キワオ)

詩人。戦後世代を代表する詩人のひとりとして現代詩の最先端を走りつづけるとともに、批評・翻訳・朗読パフォーマンスなども手がける。詩集『特性のない陽のもとに』(思潮社)で第4回歴程新鋭賞受賞など著作多数。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

まぜまぜ

日本文学

まぜまぜ

野村 喜和夫

主のなかで、来るべきストームに向けて待つ、プフィ、プフォたち。現代詩のトップランナーが贈る、哲学的にしてポルノグラフィックな〈小さき者たち〉の物語。

  • 単行本 / 256頁
  • 2018.10.23発売(予定)
  • ISBN 978-4-309-92155-6

予価1,944円(本体1,800円)

※未刊

詳細を見る
街の衣のいちまい下の虹は蛇だ

日本文学

街の衣のいちまい下の虹は蛇だ

野村 喜和夫

ひき逃げをして都市をさまよう男の物語を軸に、叙事的パートと詩的パートの交錯によって織りなされた長篇詩作品。現代詩の最先端を走りつづける著者の、破天荒な詩的オデュッセイア。

  • 単行本 / 240頁
  • 2005.03.29発売
  • ISBN 978-4-309-90623-2

定価3,564円(本体3,300円)

×品切・重版未定

詳細を見る