検索結果

飛幡 祐規 (タカハタ ユウキ)

1956年、東京生まれ。1974年に渡仏、パリ第五大学で文化人類学、第三大学でタイ語、東南アジア文明を専攻。パリ在住。著書に、『ふだん着のパリ案内』『素顔のフランス通信』『つばめが一羽でプランタン?』など。訳書に、ユラール=ヴィタール『フランス六人組』、アンナ・ガヴァルダ『泣きたい気分』『ピエールとクロエ』、シャンタル・トマ『王妃に別れをつげて』など。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

ユダヤ人大虐殺の証人ヤン・カルスキ

歴史・地理・民俗

ユダヤ人大虐殺の証人ヤン・カルスキ

ヤニック・エネル 著 飛幡 祐規

ユダヤ人大虐殺の証人として映画「ショアー」にも登場したカルスキの苦悩を第1部・2部をノンフィクション、第3部をフィクションという独創的な手法で描く。

  • 単行本 / 228頁
  • 2011.03.14発売
  • ISBN 978-4-309-22539-5

定価2,376円(本体2,200円)

×品切・重版未定

詳細を見る
大西洋の海草のように

外国文学

Modern&Classic

大西洋の海草のように

ファトゥ・ディオム 著 飛幡 祐規

フランスに住むセネガル出身の作家の自伝的小説。移民の現実が的確にユーモアを込めて描かれ、2つの国、2つの言葉を生きるものの孤独と決意が胸をうつ。

  • 単行本 / 256頁
  • 2005.08.12発売
  • ISBN 978-4-309-20445-1

定価1,728円(本体1,600円)

×品切・重版未定

詳細を見る