検索結果

沖浦 和光 (オキウラ カズテル)

1927年、大阪生まれ、東京大学文学部卒業。比較文化論、社会思想史専攻。桃山学院大学名誉教授。主著に『アジアの聖と賎』『日本の聖と賎(三部作)』(以上四作は野間宏との共著)『近代の崩壊と人類史の未来』『竹の民俗史』『辺界の輝き』(五木寛之との共著)『陰陽師の原像』『幻の漂白民・サンカ』『「芸能と差別」の深層』(三國連太郎との共著)『「悪所」の民俗誌』『日本民衆文化の原郷』『旅芸人のいた風景』など。

5件中 15件を表示 | 表示件数   件

陰陽師とはなにか

文庫・新書

陰陽師とはなにか
被差別の原像を探る

沖浦 和光

陰陽師は平安貴族の安倍晴明のような存在ばかりではなかった。各地に、差別され、占いや呪術、放浪芸に従事した賤民がいた。彼らの実態を明らかにする。

  • 河出文庫 / 256頁
  • 2017.02.07発売
  • ISBN 978-4-309-41512-3

定価799円(本体740円)

○在庫あり

詳細を見る
旅芸人のいた風景

文庫・新書

旅芸人のいた風景
遍歴・流浪・渡世

沖浦 和光

かつて日本には多くの旅芸人たちがいた。定住できない非農耕民は箕作り、竹細工などの仕事の合間、正月などに予祝芸を披露し、全国を渡り歩いた。その実際をつぶさに描く。

  • 河出文庫 / 232頁
  • 2016.08.08発売
  • ISBN 978-4-309-41472-0

定価799円(本体740円)

○在庫あり

詳細を見る
日本の聖と賤

文庫・新書

日本の聖と賤
中世篇

野間 宏沖浦 和光

古代から中世に到る賤民の歴史を跡づけ、日本文化の地下伏流をなす被差別民の実像と文化の意味を、聖なるイメージ、天皇制との関わりの中で語りあう、両先達ならではの書。

  • 河出文庫 / 288頁
  • 2015.12.08発売
  • ISBN 978-4-309-41420-1

定価907円(本体840円)

○在庫あり

詳細を見る
アジアの聖と賤

文庫・新書

アジアの聖と賤
被差別民の歴史と文化

野間 宏沖浦 和光

差別と被差別の問題に深く関わり続けた碩学の、インド、中国、朝鮮、日本の被差別問題の根源を、貴・賤、浄・穢の軸から探る書。豊富な実地体験・調査から解き明かす。

  • 河出文庫 / 336頁
  • 2015.11.06発売
  • ISBN 978-4-309-41415-7

定価950円(本体880円)

○在庫あり

詳細を見る
天皇の国・賤民の国

文庫・新書

天皇の国・賤民の国
両極のタブー

沖浦 和光

日本列島にやってきた諸民族の源流論と、先住民族を征圧したヤマト王朝の形成史という二つを軸に、日本単一民族論の虚妄性を批判しつつ、天皇制、賤民、芸能史、部落問題を横断的に考察する名著。

  • 河出文庫 / 256頁
  • 2007.09.06発売
  • ISBN 978-4-309-40861-3

定価778円(本体720円)

×品切・重版未定

詳細を見る