検索結果

ポール・ニザン (ニザン,P)

1905年フランス生まれ。17年パリの名門リセ、アンリ四世校に進学し、サルトルと出会う。その後共に高等師範学校に進む。26年9月アデンに出発、27年5月に帰国。同年共産党に入党。31年本書『アデン、アラビア』、32年『番犬たち』、33年『アントワーヌ・ブロワイエ』と次々に作品を発表する。38年『陰謀』でアンテラリエ賞受賞。39年共産党を脱党。同年動員され、40年戦死。共産党からスパイ扱いされ作品も無視され続けたが、60年サルトルの序文付きで本書が復刊されるやたちまち多くの読者を獲得した。

1件中 11件を表示 | 表示件数   件

アデン、アラビア/名誉の戦場

外国文学

池澤夏樹=個人編集 世界文学全集 第1集

アデン、アラビア/名誉の戦場

ポール・ニザンジャン・ルオー 著 小野 正嗣北代 美和子

老いて堕落したヨーロッパにノンを突きつけ、灼熱の地アデンへ旅立った二十歳の記録と、第一次大戦に倒れた無名の犠牲者の思い出を掘り起こし繊細な文体で甦らせたゴンクール賞受賞作。

  • 単行本 / 332頁
  • 2008.11.12発売
  • ISBN 978-4-309-70950-5

定価3,024円(本体2,800円)

○在庫あり

詳細を見る