検索結果

橋爪 紳也 (ハシヅメ シンヤ)

1960年、大阪市生まれ。大阪府立大学特別教授/同観光産業戦略研究所長。建築史・都市文化論専攻。『明治の迷宮都市』、『あったかもしれない日本』、『南海ホークスがあったこと』(共著)など。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

ニッポンの塔

政治・経済・社会

河出ブックス

ニッポンの塔
タワーの都市建築史

橋爪 紳也

なぜ人は天空にそびえる構築物を追い求めるのか。浅草十二階、大阪城天守閣、東京タワー、通天閣、太陽の塔、森タワー、東京スカイツリー……7つの視点から塔と都市の本質に迫る。

  • 単行本 / 208頁
  • 2012.05.22発売
  • ISBN 978-4-309-62443-3

定価1,404円(本体1,300円)

×品切・重版未定

詳細を見る
南海ホークスがあったころ

文庫・新書

南海ホークスがあったころ
野球ファンとパ・リーグの文化史

永井 良和橋爪 紳也

球団創設、歓喜の御堂筋パレード、低迷の日々……南海ホークスの栄光と挫折の軌跡を追いつつ、球場という空間のあり様や応援という行動の変遷を活写。ファンの視点からの画期的な野球史。貴重な写真多数!

  • 河出文庫 / 424頁
  • 2010.05.07発売
  • ISBN 978-4-309-41018-0

定価1,026円(本体950円)

○在庫あり

詳細を見る