検索結果

山口 謡司 (ヤマグチ ヨウジ)

1963年、長崎県生まれ。大東文化大学准教授(中国文献学)。著書に、『日本語の奇跡』『ん』(以上、新潮新書)、『てんてん』(角川選書)、『迷いが晴れる論語の読み方』(幻冬舎)など。

2件中 12件を表示 | 表示件数   件

カタカナの正体

文庫・新書

カタカナの正体

山口 謡司

漢字、ひらがな、カタカナを使い分けるのが日本語の特徴だが、カタカナはいったい何のためにあるのか? 誕生のドラマからカタカナ語の氾濫まで、多彩なエピソードをまじえて綴るユニークな日本語論。

  • 河出文庫 / 232頁
  • 2016.12.06発売
  • ISBN 978-4-309-41498-0

定価799円(本体740円)

○在庫あり

詳細を見る
日本語にとってカタカナとは何か

趣味・実用・芸術

河出ブックス

日本語にとってカタカナとは何か

山口 謡司

漢字、ひらがな、カタカナの3種類の文字を使い分けるのが日本語の特性。しかしカタカナはいったい何のためにあるのか? その歴史と機能をエピソードたっぷりにつづる、画期的な日本語論。

  • 単行本 / 216頁
  • 2012.04.12発売
  • ISBN 978-4-309-62442-6

定価1,404円(本体1,300円)

△2週間~

詳細を見る