検索結果

成田 龍一 (ナリタ リュウイチ)

1951年、大阪市生まれ。日本女子大学人間社会学部教授(近現代日本史)。『近現代日本史と歴史学』『「戦争経験」の戦後史』『大正デモクラシー』『〈歴史〉はいかに語られるか』など。

4件中 14件を表示 | 表示件数   件

「戦後」はいかに語られるか

政治・経済・社会

河出ブックス

「戦後」はいかに語られるか

成田 龍一

繰り返される「戦後○○年」。なぜこの国の「戦後」は終わらないのか。どの世代がどの立場から語るかによって異なる相貌を見せる「戦後」の構造を炙り出し、歴史叙述の新しい地平を拓く。

  • 単行本 / 208頁
  • 2016.10.24発売
  • ISBN 978-4-309-62498-3

定価1,512円(本体1,400円)

○在庫あり

詳細を見る
1980年代

政治・経済・社会

河出ブックス

1980年代

斎藤 美奈子成田 龍一 編著

戦後日本の転換点にして、〈いま〉の源流とも言える80年代。記憶だけで語るにはもはや遠く、歴史と呼ぶにはまだ近いこの時代を、鼎談・論考・コラムを組み合わせながら多角的に問い直す。

  • 単行本 / 400頁
  • 2016.02.29発売
  • ISBN 978-4-309-62489-1

定価1,944円(本体1,800円)

○在庫あり

詳細を見る
戦後史入門

文庫・新書

戦後史入門

成田 龍一

「戦後」を学ぶには、まずこの一冊から! 占領、55年体制、高度経済成長、バブル、沖縄や在日コリアンから見た戦後、そして今――これだけは知っておきたい重要ポイントがわかる新しい歴史入門。

  • 河出文庫 / 240頁
  • 2015.07.07発売
  • ISBN 978-4-309-41382-2

定価734円(本体680円)

○在庫あり

詳細を見る
戦後日本史の考え方・学び方

歴史・地理・民俗

14歳の世渡り術

戦後日本史の考え方・学び方
歴史って何だろう?

成田 龍一

占領、55年体制、高度経済成長、バブル、沖縄や在日コリアンから見た戦後、そして今――これだけは知っておきたい重要ポイントを熱血レクチャー。未来を生きる人のための新しい歴史入門。

  • 単行本 / 240頁
  • 2013.08.22発売
  • ISBN 978-4-309-61680-3

定価1,296円(本体1,200円)

○在庫あり

詳細を見る